レイライン通信 ~ 光の循環 / amana space からのメッセージ~ ~      

5/4、時代小説家、多田容子さんの、古武術セミナー

古武術をもとに心身を語る
力を抜いて、力を出す -武術の導く自由な心身
-


身体感覚の気づきを通じて、自らの心身とのつながりを深めるシリーズを、毎回、スペシャルゲストをお招きして、連続して皆様にお届けいたします。
第一回目のゲストは、尼崎在住の時代小説家、多田容子さん。

江戸時代の剣豪、柳生十兵衛や柳生新陰流をテーマとする時代小説や、古武術を現代生活にいかす「自分を生かす古武術の心得」「新陰流 サムライ仕事術」の著者でいらっしゃる多田容子さんに、“古武術”をテーマに心身を語っていただきます。武術を格闘の手段ではなく、人をほぐし、癒すためのヒントとしてとらえるお話をうかがいながら、実際に身体を動かして、古来、東洋に伝わるしなやかな感覚、「柔」の発想をご紹介していただきます。みなさまのご参加をお待ちしております。
女性らしいしなやかな体の動き──というのは、本当に重要なテーマです。
本物の剣豪の柳生十兵衛でさえ、「剛を父とし、柔を母とする」と書き残しています。
この「柔」の部分が、現代人には実に欠けていると感じます。(多田容子さん談)

日時   2010年 5月4日 午後1時30分~5時 (受付開始時間午後1時より)
場所   女性のための、こころとからだのセラピールーム amana space (アマナスペース)
     兵庫県尼崎市立花町2丁目13-10 アルファホーム1階
      (JR神戸線 立花駅から北へ徒歩6分)
      地図は、こちら→ http://www.amanaspace.com/access.html
参加費  5000円
定員   10名 (男性もご参加願えます)
ご予約  amana space 中川れーこまで  電話  06-4967-9839
メール  mail@amanaspace.com
(当日は、なるべく動きやすい服装でいらしてください。更衣スペースもあります)

<多田容子さんプロフィール>
1971年香川県生まれ。兵庫県尼崎市で育ち、現在も在住。京都大学経済学部卒業後、会社勤務を経て、1999年、剣豪小説「双眼」(講談社)で作家デビュー。その後「柳影」「やみとり屋」「女剣士・一子相伝の影」「月下妙剣」「柳生双剣士」(以上、講談社)など、江戸時代初期の剣豪、柳生十兵衛の柳生新陰流を中心に、剣豪小説を数々発表。また、小説のほか、「武術の創造力」」(甲野善紀共著)、「不滅の侍伝説“子連れ狼”」(小池一夫共 著)「自分を生かす古武術の心得」(集英社新書)や、最新刊「新陰流 サムライ仕事術」(マガジンハウス)を発表。2004年兵庫県 芸術奨励賞受賞。居合道三段。柳生新陰流兵法・小転中伝(こまろば しちゅうでん)。手裏剣術も嗜む。
公式サイトはこちらhttp://homepage2.nifty.com/tada-yoko/

<中川れーこより、ここがおススメ!>

米国カリフォルニア州で生まれたエサレンボディワークには東洋の心身一如の思想が深く影響しています。その水の流れるような動きのルーツとして太極拳や合気道、ヨガ等が挙げられますが、多田容子さんの著書「自分を生かす古武術の心得」を読ませていただき、日本の古武術の中に、やわらかく無理のない柔の動きが根強く伝わっていることを知り、目からうろこでした。こういう日本古来の身体感覚や動きをもっと広めていきたいなぁと思い、今回企画させていただきました。男女を問わず、古武術にご興味のある方、ボディワ‐クや身体学にご興味のある方など、皆さまのご多数の御参加をお待ちしております。





★4月29日、Toshi 小島さん&七海さん夫妻の、ヒーリンングコンサート 
  with エサレンボディワーク実演ライブ(by 中川れーこ)  『いのちの優しさ触れる風』
  まだ、お席あります。こちらも、是非、ご参加ください。
  詳しくは、こちらをどうぞ。http://rayline.exblog.jp/10347235/


★ 昨日の日曜日は、丹後半島の女神の聖地をめぐっておりました。
 大江山の皇大神宮は、約10年ぶり・・・。私の元伊勢めぐりのルーツとなるところ。とても力強い神社で、私は、この10年多くの御加護をいただいていたことに気づき、感謝をこめてお礼まいりをさせていただきました。
 また、籠神社と、真名井神社もひさしぶりです。ここは、真名井御前(如意尼)の故郷です。
 その名の由来の、真名井神社は、私の大好きな神社で、純粋な魂を思い出させてくれる、根源のようなところ・・・。
 天上界のような、ヘブンリーなエナジーに満ちていました。
 最後に訪れた、成相寺は、初めて訪れましたが、聖観音様のまつられる真言宗のお寺で、西国三十三ヵ所観音霊場のひとつです。
 展望台では、丹後一円を見渡せます。まさに、ヘブン・・・。
 丹後では、いまが、桜の盛りが終わるところ・・・。やわらかい桜色に包まれて、家路につきました。

 日本は、ほんとうに、神々に、そして、女神に満ちた国ですね。
 その気配を身近に感じれて、ただ、ただ、感謝です。
[PR]



by reiko-koyago | 2010-04-19 12:27

amana space &NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子(旧:こやごれーこ)メッセージブログです。お問い合わせは mail@amanaspace.com 。 HP http://www.amanaspace.com/ http://touchcaresupport.com/
by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧