レイライン通信 ~ 光の循環 / amana space からのメッセージ~ ~      

<   2004年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧




ray-line 通信 2004年9月24日 初秋の風にふかれ・・・

● 10月1日(金曜)から3日(日曜),タッチ&ヒーリング講座、合宿、「マッサージ・リトリート・in 天川村」 エサレン研究所の週末の初心者向けのプログラムをもとに、初めての方にも優しいマッサージ入門講座です。2泊3日、宿泊&食事こみで38000円。天川の民宿の離れを借りて、ダンス・呼吸・音楽、そして内側を感じながら自然な動きの中で、自分らしい“タッチ”を発見すること。内なる呼吸、内なる動き、そして内なるヒーラーとの出会いのワークショップです。基本的なエサレンマッサージをベースにおいたオイルマッサージのセッションの組みたても習得できます。天川村への行き方、持ち物などの詳細はご質問ください。≪詳細はスクールのコーナーで≫マッサージベッドの準備が必要ですので、9月26日までにお返事くださるとありがたいです。(リトリートというのは、隠れ棲むっていう意味であります。ゆったりくつろぎましょうね)

● 今回、奈良吉野の天川村を選んだのは、ま、いつもの、こやごの直感にすぎないのでありますが(笑)、ちょっとご説明してみますね。まず、カリフォルニアのビッグサーにあるエサレン研究所は、太平洋岸にある縦長の敷地にある自然たっぷりなコミュニティで、いつも500人ぐらいの人が生活している『村』であります。食堂、温泉、宿泊施設、そしてワークショップスペースが点在し、ハーブ園や木々を眺めながら、そして海の波の音を聞きながらそこを歩いて移動するのであります。だから、エサレン・ライフは、ビレッジ(村)・ライフなのでありますね。

● もう一つのエサレンの特徴は、その地に、人々が探求し交流してきたという40年の歴史があるということ。異なる文化、異なる方法が互いに交流しあい、それを受け入れ続けてきたという包容力がエサレンにはあります。エサレンの地にいるだけで、そうした潜在的な歴史のインフォメーションが伝わってくるようなところがあるんですねぇ。それはまた、人々が創造的に共に暮らすことを科学してきた歴史でもあると言えます。

● で、天川村というのは、いわずとしれた、昔ながらの日本の農村の一つであり、天川弁財天という神様の社を中心に、人々が生活してきたところ。そして、数年前から精神世界のメッカとして多くの人々が集ってきています。異質なものを受け入れ、そして交流しあえる新しい『村』、として育ってきたわけでありますね。そういうところ、ちょっとエサレンと似てる??って観じた次第で。日本にも、こうしたところ、いくつか育ちつつありますが、そんなこんなで、今回は、初秋の天川村を選んだわけであります。 ま、それほど、エサレンボディワークというのは、土地と共鳴しながらおこなうワークであると私は感じているのでありますよねー。また、これからも、また日本のどこか新しい場所も開拓していきたいと思います。それに、よく言われることですが、外国に行けば行くほど、日本の良さがよく見えてくる今日このごろでもありますね。美しきかな、美味しいかな、であります。

●先週末も、京都でエサレン研究所のソマティック・ムーブメントの教育プログラムに関わったというドン・ハンロン・ジョンソン博士の講演会&ワークショップに行ってきました。博士の講演で、19世紀末にヨーロッパで起こった身体を使っての表現活動の可能性が、その後2度の大戦を経てアメリカへと逃れ、ニューヨークで開花し、それがさらに西海岸へ。40年前のエサレン研究所の創立へと繋がったわけでありますが、その西海岸からさらに日本や東アジアへ・・・。そうした歴史の中、様々な人間の感覚や身体について、あるいは関係性や心理学の実験が繰り返されてきたわけであります。博士はこうした実験的積み重ねが、未来の新しい≪共同体≫の形成につながる土台作りになるだろうと語っておられました。これはなかなか、示唆的なものを感じた次第であります。

● てなわけで、能書き、非常に長くなりましたが、マッサージリトリート in 天川村。 直前で恐縮ですが、ぜひ御参加くださいませー。ところで、タッチ&ヒーリングの参加者の方はお子様のおられる方が多いのですが、いつも参加するのに一苦労。私の理想としては、エサレン研究所のように、託児所つき(GAZEBOというキュートな託児所があるのです!)のワークショップを展開するのが夢なのですが、今回どうしようかな?と思っておりましたら、やはりお子さんがいるから断念するという方もおられ・・・。そういう方、ちょっとご相談くださいませね。今回は無理でも、いつか託児ボラさんを募集してみようかとも考えております。なお、今回の合宿は、女性限定とさせていただきます。男性の方は、少々おまちくださいませねー。

● さて、大好評、東洋医学講座。はやくも定員いっぱいとなりました。ご容赦くださいませ。すでにレイラインでも、東と西が再び出会っているのは、ほんとうに、うれしいことです。また、次回の講座開設は、あらためてお送りいたしますね!

● おまたせしました。マウイツアーのご報告・・・といいたいところなのですが、どうも紙面が一杯になってきたので、近日中に、もう1度、レイライン通信をお送りすることをお許しくださいませね。

● ひとつだけ、追加情報。10月11日から10月17日まで、私のホットなお友達、宮園万誉(まよ)さんのヒーリングアートの個展が大阪四条畷(JR学研都市線)の「えにし庵」(072―879―3585)でおこなわれます。万誉さんとは、昨年に関わりました熊野の玉置神社でおこなわれた音楽家、長屋和哉さんのコンサートを企画した「千の熊野プロジェクト」からのご縁で、そして、今回の個展期間中の10月17日は、その長屋和哉さんご自身のライブイベントも開催されるという超お徳デーであります。(長屋さんは、ガイアシンフォニー4番、5番の挿入曲で有名な方ですねー) ライブは当日7時から(受けつけ6時半) 入場料3500円(前売り3000円) 万誉さんの個展は4時ぐらいまでに行かないと見れないそうなので、ちょっとお早めにどうぞ。優しいナチュラルな素材を扱った天使たちの絵です。えにし庵も、飯盛山山麓の森の中の素敵なスペースみたいですよー。なお、17日の長屋さんのコンサートのお申し込みは、ファックスかメールで。ファックスは098-853-5160、メールはaf@roots-j.net (有限会社ルーツ) 郵便口座 00940-7-296184 (口座名 ホーリーブラッシュ)で、前売り料金ご入金ください。(振り込みチケットを当日受けつけで提示ください)


● ここで、お詫びがあります。10月にはいりますと、1日から3日の天川合宿、そのあと、10月6日から11日まで伊豆にてエサレンン研究所でスピリチュアルマッサージを25年間教え続けてきたマリア・ルシアのワークショップがありまして、それに参加することになりました。というわけで、10月は、どーんと、12日までお休みで、さらにさらに、22日ごろより、再びエサレン研究所へ。まだ未定ですがおそらく帰国は11月半ばとなると思います。ホームページ表紙に記しておりますので、この期間、エサレンのセッション、不定期となりますがご了承ください。

●さらに、インフォメーション。まだ未定ですが、マウイの日系3世チャネラーのロイ・ゴヤ氏、11月か12月に来日する可能性が大きいです。今年の4月の突然の来日中止はほんとうにごめんなさいでした。詳細決まったら、また連絡しますねー。マウイツアーでは、ひたすらドライバーを果たしてくれました。ロイ・パパ、久しぶりの日本で、燃えておりますよー。

● マウイの旅は、本当に深く、そして濃い(笑!)、旅でした。笑いあり、涙あり、宴会ありの日々。あんなに買いこんだ大量のビールとワインも、あっというまに毎夜の宴会で消えていってしまいました。懐かしいマウイの日々。文章書いてたのですが、長くなりすぎたので、また改めてお送りしますね。でも、ちょっとだけ予告編。ふと、今、つれづれに感じることを書かせてくださいませ。


 今回の旅のテーマ、それは、≪夢≫でした。

 私達の夢、果てしなく続くゆめ
 潜在意識、無意識の海にたゆたうもの
 気づけれないかもしれないけど、
 どこまでも自由で、どこまでもあり得て在るもの・・・。

 そして、いつか夢が醒めたとき、
 私達は、ほんとうのリアリティを受け取るといいます。
 でも、それは、広大な夢の向こうにあるもの・・・・

 果てしない夢を、果てしなく見つづけ、
 そして、いつかその夢を見終わったときに・・・。
 私達の、クリエイティビティ(創造性)が浮上する・・・。、.
 それが、私たちの未来・・・

 だから、夢を見つづけましょう。
 目が醒めるまでずっと・・・・

 あるとき、ふっと≪夢≫が私達の背後から、
 そっと肩をたたいて、こうつぶやくかもしれませんね。

 「あなた方は、もう、なにもかも、知っているのですよ」

 ・・・・・・・・・   

 
             レムリアン・ジェード(ひすい)に、よせて



  (注:レムリアン・ジェードは、今回ジェーアンが最も重要視した、クリスタルです。)



                2004年 9月 ray-line こやごれーこ
[PR]



by reiko-koyago | 2004-09-25 02:24

RAY-LINE 通信 9月12日、イアオ渓谷での儀式&マッサージリトリートin 天川

● さてさて、いよいよ明日9月8日から、マウイツアーに行ってまいります。ここのところの連日の地震、そして台風。うーん。はやくも浄化が始まってるのでしょうか?そして、つながりも深まっているような・・。14日に帰国で15日からセッション再会ですので、よろしくお願いいたします。

● 9月12日には、マウイ島のイアオ渓谷で、クリスタルヒーラーのジェーアンダウ主催の「レムリアの夢の浮上」のセレモニーがあり、これに参加します。ハワイ、アメリカ、日本、そしてオーストラリアからも参加者が集い、予想以上のもりあがりでありますが、私達の心の中の内なる平和ーレムリア・・・そして、互いに慈しみ理解しあい、育みあう女性性のエナジーの開花を祝うセレモニーです。ご参加されないかたも、ご縁を感じられましたら、意識とエナジーを向けてください。ともにつながりあいましょう。

●ジェーアンから、メッセージがとどいておりますので、ここに掲載しますね。
イアオ渓谷セレモニー
2004年9月12日
「レムリアの新しい夢の創造」
IAO VALLEY CEREMONY
SEPTEMBER 12, 2004
‘CREATING THE NEW LEMURIAN DREAM’



ハワイの島々、特にイアオ渓谷は、かつての偉大な文明を3次元的に象徴しており、癒しと愛と調和を生きる者のハートと土地の底にその遺産を残しています。

“The Hawaiian Islands, Iao Valley in particular, represent the last known physical remains of a once great culture, leaving its heritage behind in the energy of the land and the hearts of those who would follow its path of understanding and the true essence of healing, love and harmony.

私たちから忘れられることはなかった古代レムリアは、もともとの夢が終わりに近づき、新しい夢を創るために新しいメッセージがやってくる時を待つことにし、スピリットの霧のうしろに引きこもりました。今が待っていたその時なのです。

Ancient Lemuria, not to be forgotten, stepped behind the mists of Spirit, to wait until the original dream was waning and the new message was to come forth to create a New Dream. That time is now.

私たちひとりひとりが、それぞれの願望と望みからここにやってきています。
「夢」の本質である意志と光の周波数の中にあるひとりひとり違う個性からここにやってきています。

Each of us come from our own desires and wishes, each of us from our own unique place within the vibrations of light and intention that is the essence of the Dream.

この「新しい光」の創造の一部を担うこの機会のために、沈黙の祝福を私たちは捧げます。
私たち自身の中で平和であることを学ぶ可能性、すべての存在、すべての信念、すべての違い、すべての挑戦、すべての選択を尊重することとそのバランスといったまだこの世界に実現されていないものを私たちはいっしょに創りだすことができます。

And as we offer our silent blessings for this opportunity to be a part of this creation of a New Light, we can co-create what is yet to come for our world: balance and respect for - all beings, all beliefs, all differences, all challenges, all choices and the possibility to learn to be at peace within ourselves.

遠い過去のパワフルな存在であり、すばらしいギフトと智慧を持った、レムリアにかつて居住していたものたちに感謝し、敬意を表すために今日私たちは集まりました。
これらの多次元存在たちは意識の種を大昔に植え、今私たちの中で再び目覚めさせるためにやってきており、私たちを先に進めるべくせきたてています。

We gather here today to pay tribute and to honor the powers of the distant past, those who once colonized Lemuria with their incredible gifts and wisdom. These inter-dimensional beings planted the seeds of consciousness long ago that come forward now to be re-awakened within all of us, urging us to move forward.

神ムーのためにレムリアの地は創られ、この渓谷にいまだ存在している彼のエネルギーはここに住む人、訪れる人、祈る人をすべて見守っています。
もともとの夢をひっぱり出し、二元性を生き延びるために彼の時代の意識を導くことによって私たちの意志を強化したのはムーです。
私たちは感謝をささげます!

Lord Mu, for which the land of Lemuiria was conceived and created, whose energy is present in this valley still, as he watches over all who dwell world: balance and respect for - all beings, all beliefs, all differences, all challenges, all choices and the possibility to learn to be at peace within ourselves. and visit and pray here. It was Mu who called forth the original dream and guided the consciousness of his time to strengthen our will to survive the vibration of duality. We give thanks!

女神ペレ、私たちの地元の伝説であり、未来へと優雅に進むために過去を燃やし尽くす火の変容させるパワーの強力な助言者であります。
彼女は言います、「後ろを振り返り続けることは、あなたの旅の邪魔となり、この先やって来るものも来なくなります。」
ペレは智慧と変化の重要性を表しています。
私たちは感謝をささげます!

Goddess Pele, our local legend and powerful advisor to of the transformative power of fire, to burn away the past in order to move gracefully into the future. Saying: to continue to look back only impedes your journey into what is to come. Pele represents the wisdom and importance of change. We give thanks!


最後に、私たちは愛すべき、思いやり深い観音が一緒におり、彼女は遠い過去からやってきたかのように見えますが、今、いまだかつてないほど地球と関わっています。
もともと備わっている愛するという資質にむかっていこうとする人すべてに現れ、やわらかさと弱さ、強さと支配すること、慈悲の心と自分を放棄することを間違えないように思い起こさせてくれます。

Lastly, we are joined by the beloved and most compassionate Quan Yin, who seemingly from the distant past is more present now than ever before, appearing to all those who strive towards a more loving nature - reminding us not to confuse softness with weakness, strength with control or benevolence with surrender. We give thanks.


レムリアンジェイド、私たちの広大なクリスタルグリッドの中に豊富にあり、それは「新しい夢」を創造することを促進します。
私たちはレムリアンジェイドが私たちの人生において与えたインパクトと、その存在そのものをありがたく思います。
私たちは目の前にあるこのサークル、これらのクリスタルたち、石たちそして花たちを捧げます。
一番大事なことは私たちの意志であり、私たちの惑星の未来のための夢、「新しいレムリアの夢」とその中でどういった役割を演じるかということです。

The Lemurian Jade, in abundance here in our vast crystal grid was and is the catalyst to the invitation to create the New Dream. We are grateful for its presence and impact in our lives. We dedicate our circle, these crystals, stones and flowers before us here, and most importantly our intention and dream for the future of our planet, to the New Lemurian Dream and the part we play in it.”


来てくださって、さらに私の夢に参加してくれて、ありがとう。マラマ・ポノ!(訳注:ハワイ語でまっすぐ自分の道を歩きましょう、keep yourself on trackとかwalk in spiritといった意味を持つ挨拶の言葉)

Thank you all for coming and participating in my dream too! Malama Pono!

● ついに、タッチ&ヒーリングの合宿をおこないます。な、なんと、水の神様弁財
天をまつる奈良吉野の天川村であります。題しまして、『マッサージ・リトリート 
in 天川』 はじめての方も大歓迎。精霊と心と身体とのつながりを感じながらの、
マッサージ体験。さて、扉をひらいてみましょう。

10月1日(金)~3日(日) 2泊3日
奈良県吉野郡天川村、民宿にて。
10月1日、午後8時よりスタート
(当日、時間の余裕のある方は、少しおはやめに天川村に到着されるのをお勧めしま
す。午後3時より使用可能です。温泉や天川村の自然でおくつろぎください)

エサレンマッサージの基本的なスタイルをもとにした、オイルマッサージ実技入門講
.座です。
エサレン研究所の教育システムを参考に、呼吸・音楽・ダンス・ムーブメント・瞑想
.などをとりいれながら、内側の気づきと感覚とつながった自分らしいタッチと動き
を.みつけていきます。ゆったりとした、水の流れるようなリズム、身体を一つの存
在と.して感じるロングストロークなど、エサレンマッサージの基本的な動きをガイ
ダンスします。水の神.様、弁財天を祭るので有名な、穏やかエナジーの天川と共鳴
しながら、心身の癒しとともに、自分自身の感覚とつながり、自分にも、そしてパー
トナーにも優しい、エサレン・ボディワーク&オイルマッサージを体感しましょう。
そして、内側に眠る、ご自身のヒーリングエナジーと是非であってください。

エサレンボディワークの認定コースを考えておられる方。ご自身のワークに、エサレ
ン的な手法を取り入れたい方。介護や看護に関わる方。触れることを通じて、関係性
.や自己表現について取り組みたい方。初めての方も大歓迎です。触れることの美し
さを感じてみてください。(タッチ&ヒーリング講座は、これが年内最後の実施とな
ります)

①集合日時 2004年10月1日金曜日 午後8時からスタート。
        (10月3日日曜日、午後3時現地解散)
②参加費用 38000円 (宿泊・朝2回と夜1回の食事、ワークショップ代金を含みます)
 *参加費は、当日までにお振り込みください。
  三井住友銀行、立花支店、普通 1475240 古家後 玲子 
  お振込みをもちまして、正式予約とさせていだきます
③場所、奈良県吉野郡天川村 民宿「名迫(なさこ)」(近鉄阿倍野橋(天王寺)か
ら下市口へ。そこからバスで天川弁財天行き約1時間10分です。バスは1日4本で、下市口からのバスは8時45分、12時15分、14時15分、17時15分。また、ご説明しますね。遠いけれど、気持のいいところですよ。遠方の方、ご相談ください)
④定員10名様 (マッサージテーブルの準備がありますので、なるべくお早めにご予約お願いいたします)
⑤もちもの。 シーツ(フラットなもの) 1枚  バスタオル3枚 動きやすい服装

● 東洋医学講座、第2回目、9月30日の木曜日、午後3時からおこないます。講師は鍼灸師で中医学研究家の金澤秀光さん。1回目は、いま、なぜ東洋医学なのかを、現代の病理の分析とともにわかりやすく解説してくださいました。次回は、いよいよ実践にはいりますよ。テーマは、「生活の中の陰陽論・五行論と脈診の実技」 前回参加された方も、初めての方もふるってご参加ください。講座は3000円。当日、金澤先生の鍼灸治療もおこなえます。講座とセットなら初診料サービスで8000円(約90分) これは、かなりおトクですので、ぜひご体験ください。こやごも、ただいまはまっております。肉体的なことのみならず、精神的なところにも届いてまいりますよ。東洋の医学、まだまだ深く興味がつきません。

●そもそも、エサレン研究所というところは、西洋と東洋の叡智が融合したところに成立しています。エサレンボディワークをやっていて、これは東洋からきた考え方なんだなぁと感じることが色々あります。カリフォルニアに学びにいきながら、東洋的なアピローチを体験するというのもおかしなものですが、見渡してみれば、ここは日本。いろいろな学びの種はあるものですね。次回、天川村で合宿するのも、エサレンボディワークを日本の水の神様とのつながりの中で見なおしてみたいという発想でもありましたが、うーん。なかなか、おもしろい(うん、うん) とくに、金澤さんのお話で私にとって興味深かったのは、中医学においては、人間の身体を≪気(き)と血(けつ)≫としてとらえるということでした。西洋医学的な解剖学とはまた違った視点で、人体をとらえる発想。しかし、これは思えば、西洋医学が導入される以前の
日本はずっとそういう視点で人間の身体を見ていたわけですね。エサレンボディワークをする上でも、私がいつもフォーカスするのは、その方の呼吸と水の部分であります。そういう意味では、まさに東洋的な見方なのですが、私は実際、自分のおこなうエサレンボディワークを、≪水と呼吸のボディワーク≫と思っておりますので、今回の東洋医学との出会いは、とってもタイムリーなのでありました。

●それでは、次回はマウイでのご報告をいたしますね。

 私たちの、未来
 私たちの、夢
 私たちの、希望のために

 心の中のレムリアを見つけましょう。
[PR]



by reiko-koyago | 2004-09-07 14:35

amana space &NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子(旧:こやごれーこ)メッセージブログです。お問い合わせは mail@amanaspace.com 。 HP http://www.amanaspace.com/ http://touchcaresupport.com/
by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧