レイライン通信 ~ 光の循環 / amana space からのメッセージ~ ~      

<   2004年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧




旅立ちの前に・・・  水と内なる女神の話

●今年は、秋になってから、何度も何度も激しい台風がやってきますね。この秋、私は旅ばかりしておりますが、いつも旅立ちの直前に台風が上陸。熊野ーマウイー天川ー伊豆、そしてカリフォルニア・・・。伊豆では直撃を体験しましたが、それ以外は、おかげさまで秋晴れの中を旅立つことができました。とはいえ、各地では被害に遭われた方も多く、今年の日本列島は、自然の猛威を再認識させられる日々で、10年前に体験した阪神大震災を思い起こさせられたものでした。 さて、11月12月のお知らせです。

● 10月22日から11月14日まで、エサレン研究所のワークショップ参加のため、またまた不在です。昨年の11月から4回目のエサレンへの旅。自分でも突然どうしちゃったのかしらん?って首をかしげてしまうほど、足がひたすらエサレンに向かってしまうのでありました。こうした研修が、日本でのセッションにも反映されますよう頑張りたいと思います。再開は11月16日からとさせていただきますね。

● マウイツアーの帰国からちょうど1ヶ月。ほんと、内容の濃い旅でありました。さて、12月にはいりますと、マウイツアーでは名ガイドを果たしてくれたロイ・ゴヤ氏と通訳の乙津和恵さんが来日します。ロイのワークは、皆さんのスピリチュアルガイダンスからのメッセージをカウンセリング&ガイドライトすることで、不透明な運命の糸のほつれをほどく大切なアドバイスをくれます。仕事のこと、恋愛のこと、家族のこと、あるいは目に見えない次元で起こっている様々な問題を、優しく紐解いてくれるヒントをくれます。混迷し,急速な展開のこの日々、ロイの愛に溢れる優しいヒーリングエナジーを受けながらの、ガイダンスからのメッセージをお受け取りください。言葉を越えた、光のエナジーに触れることで、思いがけない人生の転機となっていくことがとっても頻繁に起こっています。初めての方も、リピーターの方もどうぞ、この機会にロイのワークをご体験くださいませ。(今回は、ちょうど、ロイのルーツである沖縄旅行の直後にレイラインにやってきてくれます。ハワイの日系3世で、沖縄ユタの血をひくロイ。きっとパワーアップしてきてくれると思いますよー)

● 日程は、12月7(火)8(水)、10(金)、11(土)、12(日)、17(金)、18(土)、19(日)の計8日。今回は、週末が2度入っております。時間は、10時 12時 15時 17時 20時 の1日5回です。セッション料金は36000円(通訳&テープこみ。前回、突然キャンセルでご迷惑かけましたので、下げしました。)お申し込み期間は、こやご渡米で不在のため、11月16日よりとさせていただきます。お申し込みは、お電話(06-6421-9752)かメールでお願いいたします。aqu-air@cwa.bai.ne.jp (メールも渡米中の間はサーバー不調のため紛失することがありますので、必ず11月16日以降にお願いいたします)

●さて、今回のエサレン行きで、昨年11月から突然始まったエサレン詣からちょうど1年。お客さまからも、いろいろ変化成長の兆しありとありがたいお言葉をいただけてうれしい限りであります。先日、合宿を開催させていただいたおりに、天川大弁財天の宮司さんと御話する機会にめぐれました。そこで、宮司さんのお言葉から、ずばり「ヒーリングはアートである!」という結論が見事ダイレクトに導かれたのですが、天川弁財天といえば、水の神様。水は知恵を生み出し、知恵は芸術を生み出す。すなわち、水は母の胎内の羊水であり、すべてを生み出すところ・・・。思えば、米国カリフォルニアでは、エサレンマッサージは、Art of Touch と呼ばれてるのでありますが、私もようやくその境地に少し仲間入りさせていただいたかなと思えてまいりました。そんな折にエサレンボディワークを弁財天様にご奉納できた体験はとても素晴らしいものでした。

●そんなこんなで、そろそろ、見ても美しい、アートフルなエサレンボディワークを披露するような機会もいただきたいなぁと思っておりましたら、ちょうど良いご案内がまいりました。まず、11月21日(日曜日)に、京都烏丸のハートンホテルにて、「癒しのフェスティバル」というヒーリングフェスティバルが開催されます。そこでray-lienこやごれーこも、出展させていただくのですが、ブース内でありますが、約30分ほどのエサレンボディワークをデモンストレーションを2度ほどしようかと計画しております。今まで、私のワークを受けてくださった方も、ぜひ、1度、ご自身がどういったワークを受けておられるのか、見ていただいて、エサレンボディワークについての理解を深めていただけたらと思います。また、この「癒しのフェスティバル」は当日、様々なヒーリングを受けれて、ヒーリンググッズの販売も多数。私のヒーリングの師の一人である浅田誠一さんの精霊達とのつながりをあつかったミニワークショップも常時開催されてまして、とっても内容の充実したお祭りですので、ぜひ皆様お足運びくださいませ。場所は阪急烏丸駅、東西線烏丸御池駅①番出口から徒歩2分、ハートンホテル京都で(075-222-1300) 10時から午後6時まで。なかなか充実したヒーリングフェステティバルとなりそうなので、こちらのほうも楽しみですね。

●もうひとつ、本格的なライブの企画ですが、12月22日に、大阪肥後橋で、ライブ演奏とあわせてのマッサージライブをおこなう予定です。ご一緒に披露してくださいますのは、タイ式マッサージの中村あきこさん。当日は、もちろんライブ演奏を聴きながらマッサージが受けれます。(エサレンは着衣のままの変則的なものにする予定) あこさんのご主人のミュージシャンの中村とおるさんとディジリドウ奏者のナタさんとのコラボレーションです。今年の春に突然わきおこリ,1度京都で体験したのですが、音の波動と、ボディワーク&タッチとの共鳴は、非常に面白く、ふと、古代ではこういうヒーリングがおこなわれていたのでは?ってイメージしたのですが、こちらの企画については、私の帰国後に、もう1度詳しい情報をおのせしますね。このときも、エサレンボディワークの30分ほどのデモンスとレーションを御見せできるかと思います。場所は、大阪西区肥後橋のampoule(06-6459-0368) http://www.cementdesign.com 午後7時からです。
.


●さて、同じ尼崎市内でヒプノセラピー(催眠療法)のセラピールーム「「多田メンタルサポート」を主催なさってる多田裕子さんのワークショップのお知らせです。多田さんのヒプノセラピーは、おだやかで入りやすいと皆さんに評判で、うちのボディワークと多田さんのヒプノの両方を受けておられる方も多いのですが、昨年から皆さんにもわかりやすいヒプノセラピー講座を開催されておられます。11月3日午後1時半から4時までで、場所は大阪産業創造館5階研修室D(堺筋本町より徒歩5分)。「催眠とは?潜在意識と顕在意識、退行催眠について、グループリラクゼーションなど」といった内容です。くわしくは、多田裕子さんにまで御問い合わせください。tada-ms@mbg.nifty.com 06-6428-2950

●今年の5月、マウイで出会ったニューヨーク出身のエナジーワーカーであり、ミュージシャンであるK.アラン・ロスが関西に来ます。非常に精妙にチャクラバランスをととのえ、マインドを鎮めてくれるKのエナジーワークはとても質のいいものです。今回は11月4、5日と、西宮で個人ワークをおこないます。エナジ―バランスを整えたいかた。内側の静けさをとりもどしたい方。ハイアーセルフとのつながりを深めたい方に、御勧めです。ぴんときた方は、國友須賀さん090-4971-4422 にまで御問い合わせください。

● 同じく11月3日。こちらは、東京ですので、ご縁のある方にお伝えくださればと思います。ジェーアンダウの古くからの弟子でロイと私をつなげてくださった、東京恵比寿のクリスタルショップ、QACの藤波直子さんの主催による「内なる女神の目覚め "GOODESS WITHIN”のイベントが開催されます。場所は東京の北とびあ・つつじホール(東京都北区、JR王子駅北口2分)14時から20時までで、お問い合わせ&ご予約はQAC(03-3486-7672) ミュージシャンの山根麻衣さんや、出演者も多数です。くわしくは、 http://www.quanyinangels.com/gw/

● サブタイトルに「女神は自分の外に崇拝するものではなく、あなたの中に美しさとして存在するのです」とありますが、藤波直子さんからの素敵なメッセージを、ちょっとご紹介させてください。「多くの人が自分の中のパワーや美しさにフタをしています。フタの存在にすら気がつかない人も大勢いると思います。・・・・「女神」という言葉は、自分をまること受けとめること、自分をそのまま愛することを表現しています。自分に対してそれができないと本当の意味で他人を愛することはできません。そういった自覚のある人、男女に関わらず、女神が目覚めている人が増えていくと、みんなが愛し合う世の中になります・・・・」

●先日、来日したエサレン研究所のスピリチュアルマッサージの指導者、マリア・ルシアもまた、21世紀における「内なる女神の目覚め」について語っておられましたが、父権性の強かった今までの時代で隠されてきた女神性が目覚めはじめているということはとっても大切なテーマのようです。男性的な進化が、判断し、分析し、戦い、そして評価することで成長しつづけてきたのに対し、女性性は、そのままを受け入れ、愛し、理解しあい、育て合うこと・・。でも、あまりにもオープンで優しく繊細であったがために、こうした内なる女神はこの男性社会の真っ只中でとっても傷つけられてきたのです。

●ヒーリングのプロセスとは、男女に限らず、その内なる女神を癒し、そして再び目覚めることのお手伝いなのだと思っています。自分を癒し、自分を愛することは、地球の愛の波動をもたらすためにとっても大切なこと。同時に、自分自身の女神をみつけることは、人の女神を見つけることでもあります。私もまた、ボディワーク・4セッションの間、いつも皆さんのお身体に触れながら、自分自身の女神へと辿り、そして同時に受け手の方の女神へと触れていく・・・、そんな時空を超えた旅をしています。どんな人も、本当に美しく聖なる存在です。そんな感動が、何度も訪れます。そんなとき、まるで鏡のようになって、互いの美しさを共有しあえます。ほんとうに、ありがたいことです。やはり、よく言われるように、エサレンボディワークって愛のマッサージなのですね。


まぁ、そんなこんなで、ふたたび、エサレンボディワーク修行に行ってきます。
そう・・・
エサレン研究所って、意外と修行の地なんですよ(笑)

また、お会いしましょう。
御互いに、成長しあって・・・


こやごれーこ
Reiko Koyago
aqu-air@cwa.bai.ne.jp
http://cwaweb.bai.ne.jp/~aqu-air/




.
[PR]



by reiko-koyago | 2004-10-22 02:28

amana space &NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子(旧:こやごれーこ)メッセージブログです。お問い合わせは mail@amanaspace.com 。 HP http://www.amanaspace.com/ http://touchcaresupport.com/
by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
エサレン・ボディワーク
エサレン・ボディワーク

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧