レイライン通信 ~ 光の循環 / amana space からのメッセージ~ ~      

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧




ローゼン・メソッド・ボディワーク 講習会のお知らせ

さて、ひさしぶりに、ワークショップのお知らせです。
(このワークショップの募集は、終了いたしました。また、お知らせいたします)

以前から、学びたいと思ってました、ローゼン・メソッド・ボディワークの関西で初めての1日講習会を、今回、うちのサロンの場所で、開催いたします。
ローゼンメソッドは、理学療法士として、長年の体験を積み重ねたマリオン・ローゼンが独自の方法であみだした、心身にやさしくそして、しっかりとしたアプローチで触れるボディワークです。欧米では、とても実践的なワークとして評価されています。実は、私は、受けたことがないのですが、どこか、エサレンとも通じ合うものがあると、以前から、感じておりました。
講師は、久保隆司さん。日本で唯一のローゼンメソッドの資格を取得された方です。
かねてより、ローゼンメソッドには、注目していたので、とても、楽しみです。やさしく、繊細なタッチが、より、こころと身体に効果的に作用することを、体験的に学べるかと思います。

詳しくは、こちらの久保隆司さんのサイトをご覧ください。

http://web.mac.com/integralsomatics/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88/Welcome_to_IS.html





定員は6名ですが、私も参加生として参加しますので、募集人員は5名となります。
ぴんときた方は、おはやめに、ご連絡ください。ご一緒に、勉強しましょう。
質問なども、どうぞ、お気軽に。(あと、残り枠2名となりました)

下記、お知らせです。

ローゼン・メソッド・ボディワーク 1日講習会

日時  2009年 7月18日 午前11時から午後5時
         (途中、1時間、昼休みをはさみます)
場所  私の自宅サロンです。
    (場所は、JR神戸線、立花駅、徒歩7分ほどです)
定員  6名
参加費 8000 円
講師  久保隆司先生
お申し込み先  
touchandhealing121★gmail.com

           (★を@にかえて、送信してください)
    090-1966-3819 中川(こやご)れーこ 宛


   場所やくわしい持ち物などは、ご予約された方に、お伝えします。



<ローゼンメソッド ボディワークについて>
(アメリカのサイトの紹介文の翻訳文です)

ローゼンメソッド・ボディワークは、タッチを通して、ストレス軽減や心身のつながりに到達するためのパワフルな手段です。治療の補完的なヘルスケアの方法として、(米国では)医師、サイコセラピスト、カイロプラクターによって勧められることもよくあります。ローゼンメソッドは、心身にわたって悪影響を与える慢性的な身体の緊張を溶かすことに効果的です。人生において、より満たされて今を生きることにおいて、心と魂の道を見つけるための自己成長のためのひとつのすばらしい技法なのです。

ローゼンメソッド・ボディワークは、頭痛、背中の痛み、筋肉の緊張、関節の痛み、怪我、不眠症、そして喘息や疲労感のような慢性的な状態からの解放を求めている人たちによく使われます。ローゼンメソッドはその優しく、直接的なタッチでよく知られています。身体を矯正するというよりは、聴くために手を使うことで、プラクティショナーは慢性的な筋肉の緊張に集中します。リラクセーションの状態になり、呼吸が深くなるにしたがって、無意識の感情、態度、そして記憶が浮かび上がってくることがあります。

ローゼンメソッドのプラクティショナーは、筋肉の緊張の微かな変化や呼吸のシフトに気づくように訓練を受けています。プラクティショナーはこれらを、クライアントがリラックスしていたり、身体や内的な体験により意識的になっている目安として見て取ります。無意識の筋肉の緊張によって開かれていることをクライアントが認め始めることが許せるように、プラクティショナーはタッチや言葉を使います。


このプロセスが開かれていくに従い、クライアントはより生き生きとしたり、人生の新たな可能性に気づいたり、より大きな幸福(ウエル・ビーイング)感を体験することで、癖となっている緊張や昔からのパターンから解放されるかもしれません。


<講師 久保隆司氏のプロフィール>

大阪大学人間科学部卒。総合商社勤務を経て、サンフランシスコ湾岸地区のジョンF.ケネディ大学にてカウンセリング心理学修士号(MA)を取得。専攻はソマティック(身体)心理学。米国ではハコミセラピー、ローゼンメソッド等の心身アプローチの訓練も修了。現在、アライアント国際大学CSPP臨床心理大学院(東京キャンパス)講師。都内にて心理カウンセラーとしても勤務。主に心身統合の問題を研究-実践している。身体心理療法米国協会、日本トラウマティック・ストレス学会、各会員

[PR]



by reiko-koyago | 2009-06-29 13:54

携帯水没と“虹”

6月3日の夜、うっかり携帯電話をいれたままの布のバッグを洗濯機にかけてしまいました。
もちろん、水没。古いデータよさようなら~(わお!)

かれこれ5年ぐらい持ったでしょうか。。。

おもえば、1週間前に、携帯電話の精霊さんは、私にサヨナラをつげてくれたのでありました。
東京アンマの帰りによった、東京国際フォーラム会議場。
旦那がバイオフィードバック機器を出展していた日本理学療法士学会の会場で、旦那の会社のおとなりのブースの方が、
ふと、私の手にもつ携帯電話をみて、
「おおお、珍しい! 同じ携帯電話ではありませんか!」
と、おっしゃるのです。

5年以上持ち続けて、しかも、超安い普通以下のシンプル機種であります。
いままで、同じ携帯電話をもっている人を見たことがありません。

その方は、私の性格を見透かしたように、
「ほほ~、あなたは、きっと、めんどくさがりやなんですね^^」

(きゃ、わかります?)
あれから5年、携帯電話はどんどん進化し、新機種や新サービスがめまぐるしく展開しました。
なのに、私は、ただ「めんどくさい」という理由だけで、
機種変更も、ジャンクメールの巣窟となっていたこれまで携帯メルアドも変えることなく、
えんえんと使い続けておりました。

最後に、別れ際
その方:「これからも、この携帯電話、ずっと、使い続けましょうね~(ハハハ)」
私   :「ハハハハハ・・・・(←内心、ずっとこれ持つんかい?って思っている私)」




なんか、へんだなぁ、不思議だなぁって、ちょっと感じたのです。
いつも、そこにあるのがあたりまえの、私の携帯電話さん。
しげしげ見つめ、思えば長く使ったなぁと思ったのでありました。

今からすれば、それは、私の携帯電話さんが、私に別れの挨拶をしてたのかもしれません。
その会話から一週間もたたない日の夜に、
携帯電話さんは、我が家の洗濯機の中で昇天されました。
たくさんの思い出と、データとともに。
(・・・・・)


       ★

  古い上衣よ さようなら
  さみしい夢よ さようなら
  青い山脈 バラ色雲へ
  あこがれの
  旅の乙女に 鳥も啼く 

 (西条八十作詞、『青い山脈』より)

       ★

笑うしかありません。
歌うしかありません。
いつか、こういう日がくるということを予測できずに、
データを保存していなかった私のおおきなミスです。
でも、いまとなっては仕方がない。

さようなら、携帯さん。
ありがとう、携帯さん。
私の、古い夢と一緒に、
どうぞ、安らかに眠ってください
永遠に。(合掌)

       ★

色々悩んだあげく、新しい携帯電話は
夫と同じの、softbank にしました。
これで私も立派なホワイトファミリーです。
携帯電話の番号は、古いauのをそのまま
使えましたので変更ありません。
ただ、お友達の電話番号のデータをすべて失ってしまいました。
(お友達の皆さん、よかったら私の新しい携帯に、軽く着信してください)

また、メルアドは変わりました。
(「- 」以下を消去して、かわりに「.121」をつけてください。
@以下は、softbankでお願いします。って、わからないっすよね^^
詳しくは連絡いたします~)

6月3日夜から6月5日夕方までのあいだの携帯への電話やメールは
受け取れてません。送ってくださった方、ほんとうに、ごめんなさい。

         ★

さて。。。

神戸アンマプログラムにかかわって,
まる3年。
自分の心の中で、いろいろな変化がありましたが、
一番の大きな成長は

執着を手放すことが、楽にできるようになったこと。
びっくりするような大変なことが起きても、あまり動じなくなったこと。

これだけでも、たいしたことを導いていただけたと、思って感謝しています。


この世は常に変化していて、
一瞬一瞬、おこることすべてのことは、
まるで、劇場のように
私たちに見せてくださっている
神々の「リーラ(戯れ)」なのかもしれません。

湖面の上を、きらきらと反射し戯れる
光の諸相・・・
神様の永遠の愛は、いろいろな形を変えて
私たちに語りかけてきます。


そこにおられることは、
わかっているから、
もう、あんまり、驚かさないでくださいね^^。
って、ちょっと、神様にお願いしたりして・・・。

でも、ほんと、
いつも、ともに在ることを感じます。
見守られているのも感じます。





新しい携帯電話を手にした6月5日の夕方、
お天気雨が降りました。
外に出てみたら、家の東の空に、
綺麗な虹が、弧を描いています。

あんまり綺麗なんで、自転車にのって
虹の方向へと進んでいきました。

ふと、通りを見わたすと、誰も、虹を見上げている人がいないので、
ちょっと、不安になりました。
(まだ、小雨だったので、傘をさしたまま、みんな、空を見上げてないのです)

小さな男の子に、「虹が見えるよ」と教えてあげたら、
その子は何もいわずに、ぷいっと、
「ママ、虹だよ!」ってママのところに走っていきました。
(あぁ、よかった、この子にはちゃんと虹が見えてるのね^^)


広い公園で。空を見上げて、しばらくのあいだ、虹を眺めていました。

すると、身体中、そして、心の中で、なんともいえない優しい波動が広がっていきました。

なんて、平和なんでしょう・・・・。

内なる平和。

平安・・・。



お天気雨と虹の空の下に立ち、私は
ささやかな祝福を受け取る自分を感じました。
たぶん、このとき、神様が私にくださったギフトは
shanti (平安) とよばれるものじゃないかしら。。。

なんだか、

そんな、

気がします・・・。



a0020162_1425358.jpg

[PR]



by reiko-koyago | 2009-06-07 13:55

amana space &NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子(旧:こやごれーこ)メッセージブログです。お問い合わせは mail@amanaspace.com 。 HP http://www.amanaspace.com/ http://touchcaresupport.com/
by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
エサレン・ボディワーク
エサレン・ボディワーク

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧