レイライン通信 ~ 光の循環 / amana space からのメッセージ~ ~      

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧




食べて、祈って、恋をして

 いま、エサレン研究所の、ロッジにいます。
 こちらは、あいにくの雨が続いてましたが、海の向こうの空が、だんだんブルー色に戻ってきました。
 あしたこそ、晴れるでしょう。
 
 4年ぶりのエサレンの旅は、エサレンを楽しみたい、もっと探求したいというよりも、日常から離れて、じっくりと自分を取り戻したいという気持ちのほうが強くて、クラスのとき以外は、のんびり一人で過ごしています。
 前半は夫と一緒に過ごしたせいか、遠くにきたという実感もあまりなく、やわらかで穏やかなエネルギーに包まれながら、ぜいたくなバケイションを過ごしてるような感じです。こういうふうにエサレンで過ごすのは初めてなので、ちょっと新鮮ですね^^。

 夫と参加した、カップルのためのエサレンマッサージ。これは、私の最初の師である、ディーン・マースンと、ダニエラのクラスだったのですが、14組のカップル、28名が参加するビッククラスでした。
 2泊三日の短いクラスなんですが、これは、エサレンマッサージの入門編を、夫婦で学び合うような感じのクラスです。 もちろん、ずっとカップルで交換しあいます。
 パッと見た感じは、いつもと変わらない、エサレンマッサージのクラスなんですが、でも、何度も何度も、夫と交換セッションしあって、シェアしあうのは、とても新鮮でした。
 夫は、カリフォルニア生活が長く、エサレンにも何度か来てる人ですが、それでも、日本人男性特有のテレがあるみたいで、やさしく、おだやかに接するエサレンアプローチが、なかなか難しかったようです。
 私は、真剣に、もっと優しくアプローチするようにと、お願いしました。
 だって、一生、我慢するなんて、耐えられない!

 私の切実な願いが届いたのか、改善の余地ありという希望が、今、見えつつあります。

 ★

 夫は仕事があるので、先に日本に戻りました。
 私は今、シャー・ピアスのワークショップに参加中です。
 The Gift of Touch という名前のワークショップ。これは、今度、春におこなう、奈良県吉野でのワークショップと同じ名前のワークショップです。
 実は、初心者むけのクラスなんですが、なかなか、それが新鮮で・・・
 エサレンの基本アプローチを、10年ぶりにじっくり今、学びなおしています。
 今だからこそ、自分の深いところに沁みてきて、美しさを実感しています。

 冬至の日は、シャーの美しいボイスのリードで、チャンティングをしました。
 みんなで、聖なる存在の名前を歌いました。

 来年の春のワークショップでも、シャーの深く響く声で、私たちをリードしてくれるでしょう。
 みなさん、楽しみにしてください。

 ★

 さて、この旅は、飛行機の中で観た映画、“ Eat Pray Love " 邦題は「食べて、祈って、恋をして」から始まりました。これです。
 http://www.cinematoday.jp/movie/T0008467

 ジュリアロバーツが主演の映画で、ニューヨークに暮らす結婚生活に悩む女性が、あるとき、バリに旅したときをきっかけに、導かれるかのように離婚を決意し、そして、ニューヨークから、イタリア・インド・バリへと再び旅をするストーリーです。

 イタリアではひたすら美味しいものを食べ、そして、インドでは、NYで出会った若い役者志望の男性に紹介されたインドの女性グルのアシュラムへと渡り、祈りと瞑想の日々。

 そして、再び、運命のバリ島へ。。。そこで、出会った男性と、結ばれていくという・・・。
 まぁ、よくあるラブストーリーなんですが^^。

 そのインドの女性グルというのが、どうみても、アンマに見えて仕方なく、そういえば、私もまた、旅の途中でアンマと出会い、複雑に結ばれた運命の糸がほどかれていき、今の夫と結ばれていったのを思い返します。

 1999年に初めてエサレンに来てから、インド、ハワイ、シャスタ、エサレン、セドナ、そしてバリへ・・・。
 女性の一人旅が続きました。
 
 女性が一人で旅をすると、神様を身近に感じることができるようです。
 神様を心に思いながら、切実に祈る心は、必ず天に届くようです。
 
 この映画でも、ジュリアロバーツ演じる主人公が、バリ島の寺院で、神さまに祈るシーンから始まりました。

 
 思い返せば、何度、世界の聖地で祈ったでしょう。
 私の願いは、とてもシンプルでした。
 優しいパートナーに出会い、そして、おだやかに、やさしく、接してもらえること。

 
 このシンプルな願いに、もっと、正直になれたらいいなぁと、そんなことを再発見する、7度目のエサレンの旅です。

 
 雨がやみ、風が静まり、ビッグサーの海の波が、穏やかになってきました。
 これから、あと数日間、ここで過ごしますね!

 いいクリスマスを!

 
 
[PR]



by reiko-koyago | 2010-12-23 08:36

サトガエル。

12月に入ったばかりというのに、もう年末の気分です。
昨日、12月10日で、amanaspaceでの本年度のお客様むけのセッションは終了してしまいました。
早すぎる冬休みをいただいて、申しわけございません。
あす、12日にタッチ&ヒーリング講座10回コースの最終回をおこない、13日はタロット講座。午後にはエサレンのお友達との久しぶりの交換セッション。
これで、本年の、わたしの活動は終了です。

12月15日から28日まで、カリフォルニアにおります。
四年ぶりのエサレン研究所です。

エサレンでは定番ワークショップとなった、カップルのためのエサレンマッサージのクラスに夫と一緒に参加してきますね。
はじめ、一月のカップルマッサージのクラスに参加する予定でしたが、夫のカナダ出張が一カ月はやまって。。。それにあわせての北米大陸行きだったので、急きょ、エサレン行きも一カ月早めました。
早めたおかげで、わたしは、カップルのためのエサレンマッサージのワークショップのあと、そのままエサレンに残ることに。。。
シャー・ピアスのワークショップ、The Gift of Touch に参加するためです。

The Gift of Touch
これは、来年春に、シャーが日本にやってきたときに、奈良県吉野でおこなう、着衣のままでのエサレン入門編のクラスの名前。
実は、エサレンカタログを見て、この名前を見たとき、びびびってきちゃって、関西でのワークショップの名前にさせていただいたのです。
でも、そのときは、本家エサレンでの、同名のシャーのワークショップに自分が参加するとは思いもしませんでした。
しかも、このワークショップ中に、クリスマスが。。。
エサレンのクリスマスです。

わたしは、2004年の1月に、シャー・ピアスのエサレン研究所でのワークショップに参加しています。
1月21日の誕生日が、新月だったので、ぜひ行こうと。
エサレンでのお誕生日は素敵です。
誰もかれもが、わたしの顔をみたら、まるで自分のことを祝福するように、
Happy Birthday !
と祝ってくれるのです。

でも、わたしは、その余りある喜びと祝福を受け取る準備がまだ整っていなかったみたいで。
お祝いの言葉をかけられるたびに、なにか後ろめたい、物悲しいものが、漂っていました。
なぜ、こんなに祝福されるのに、わたしは、心から喜べないのだろう?
そのころ、まだ、わたしは、自分自身を祝福することに、慣れていなかったので、ふしぎな居心地の悪さを感じていたのです。

でも、それでも、うれしいことが1つありました。
太平洋から、おおきな鯨が潮を吹きながら、ビッグサーの海岸線に、急接近してくるのです。
あんなに、まじかに見たことはありませんでした。

そして、そのとき、空を見上げると、綺麗な彩雲が・・・。

わ!

って思いました。
言葉がなく、それが、祝福なのかどうなのかも、わからない・・・。

その後、風邪を少しひいてしまいながらも、エサレンにあと1週間滞在していました。
今からおもうと、ふしぎなぐらい、そのとき、エサレンには、全然、日本人がいませんでした。

そのときのエサレン滞在の最後の日の前日に、エサレンのロッジで、わたしは、夫と出会っているのです。
ひさしぶりに、日本語がしゃべれて、ちょっと、ほっとしたのを覚えています。


彩雲は、瑞兆といいますが、今から想うと、未来の夫との出会いの前兆だったみたいです。
でも、不思議なぐらい、わたしは、そのとき、まるで、ベールに覆われているかのように、その人と結婚するなんて思いもしなかったのです。





今回のエサレン行きは、その夫と二人で一緒に参加します。
二人が出会ったところに、何かを思い出しに、戻ります。




昨日、12月10日の夜に、矢野顕子の「さとがえりコンサート」に行ってきました。

矢野顕子は、十代のころから大好きで、初めてコンサートに行ったのは、ジョンレノンが死んだ翌年だったように思います。(ということは、29年前? 年がばれます^^)

全身をのびやかに使って、ピアノを弾き語る矢野顕子の姿は、わたしにとって、自由の象徴であり、そして、今から思うと、彼女の「ピアノ的身体風景」が、私のボディワークへの関心のルーツだったように思います。


昨日のコンサートで、わたしの中にある、源流回帰への情熱に、スイッチが入ったみたいです。

エサレンへ・・・
源流、そして、resorce へと、再び戻ることになるのでしょう。
まるで、鮭の遡上のように、ふたたび回帰します。


ビッグサーの波の音を聞きに
サトガエリ、してきます^^。


クリスマスに、私がそこで受け取るギフトは、いったいなんでしょう?
誕生日のときに、受け取りきれなかった何かを、今度は、両手いっぱい広げて受け取ってきて、そして、日本に持ち帰ってきますね!

いってきます~


ps カリフォルニア滞在中、メールは受け取れますので、シャー・ピアスの来日ワークショップのことなど、お問い合わせがおありでしたら、お気軽にメールください。
 詳細は、こちらのサイトをご覧ください。http://www.piasoma-japan.com/
[PR]



by reiko-koyago | 2010-12-11 22:50

amana space &NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子(旧:こやごれーこ)メッセージブログです。お問い合わせは mail@amanaspace.com 。 HP http://www.amanaspace.com/ http://touchcaresupport.com/
by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
エサレン・ボディワーク
エサレン・ボディワーク

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧