レイライン通信 ~ 光の循環 / amana space からのメッセージ~ ~      

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧




”タッチケア” 三昧

8月4日は、大阪公会堂で、インターナショナルワークショップフェスティバル300doorsのイベントで、NPO法人タッチケア支援センターとしてエントリーし、「自分を癒してやさしくふれる、ヒーリングとしてのタッチケア」という1時間半ほどのミニワークショップをおこなってきました。

また、昨日8月6日は、amana space で、「こころにやさしいタッチケア1日体験入門講座」という約3時間の講座を開きました。

NPO法人タッチケア支援センターの教育事業として、ゆったりとスタートが切れた感じです。



今日の私の個人セッションも、めずらしく、ESSENCE OF TOUCH、すなわち、着衣のままでのエサレンボディワークのセッションでした。(通常、私はあまりお客様のことはブログに書かないようにしていますのが、タッチケアの可能性を考える上で重要なテーマなので、個人が限定されることがないように気を付けて、記述させていただきたいと思います))
お客様は、軽い統合失調症の方でした。軽いというのは、なんとかお薬を飲みながら、仕事ができるぐらいの症状である・・・ということです。(実際、その方はその症状そのものよりも、周囲の無理解と偏見のほうに悩まされておられるようでした)  私は、統合失調症の方には、エサレンボディワーク等のオイルマッサージはあまり勧めていません。今まで何度か施術させていただいたことはありますが、あまりいい結果は出ませんでした。(鬱やパニック障害等の方には改善例はあるのですが・・・) 
それよりも、本当に、穏やかに、やさしく、安全安心を感じていただく、着衣のままでのタッチケアをお勧めしています。(もちろん、その方が受けることを望めば・・・ということですが。これは、必須の大前提です) amana space では、それが、エッセンスオブタッチという施術です。

こういう場合、施術は、心地よさを提供するということ以上に、「ふれられることそのもの」を、受け入れてもらえるようにファシリテートすることに、フォーカスされます。そのためには、安全・安心で、心地よいのだということを、体験的に積み重ねていく必要があります。これは、簡単そうで、なかなか、根気のいる施術法なんです。こういう場合、「こうすると気持ちがいいから」という思い込みはまったく無力です。謙虚に、相手の方の身体とコミュニケートしながら、ただひたすら、「安全」であることをすべての五感を通じて伝えていく作業を積み重ねます。(すなわち、これが、心にやさしいタッチケアだといえるでしょう)
今日で二度目でしたが、初回施術の際の緊張感はほどけ、体験的に受容していいのだと身体が緩まっておらられました。リラックスしても、オープンになっても大丈夫なんだと、認知していくこと。安らぎの体験を積み重ねていくこと。このことは、きわめて、重要な体験だと思います。その土台ができて始めて、その方が身体との、そして自分自身とのつながりを回復する道筋が見えてくるのでしょう。今後も経過を見守っていきたいと思います。

こうした施術において、フォーカスする重要なポイントは3つです。
(このことは、自分自身に対しても、受け手に対しても、両方に必要なことです)

① リラクセーション (安心・安全・安らぎ・心地よさ等を提供することで、心身が緩まること)

② 統合 (身体全身のつながり  あるいは、心と身体のつながりを、促すこと)

③ 気づきを促す (自分の身体の感覚、心の動きに、気づいてもらうように促すこと)



①において、もっとも重要なことは、非侵襲的アプローチと、タッチの質です。
相手の方の五感すべてにおいて、これから起こることが危険ではないこと、侵襲的ではないことを非言語的に伝えていきます。そして、タッチの質感を通じて、そのタッチが自分にとって異物や危険なものではなく、自分自身をささえ、穏やかにしてくれるものであり、そして、つながりを見出すものであることを、伝えていきます。

私は、こうしたタッチによるアプローチの大半をエサレンボディワークやその他の施術法から学びましたが、特に、下記の先達からは、大変重要なことを、体験的に学ばせていただきました。下記、私の尊敬する、4名のタッチワーカー(という言葉はあまりありませんが)です。

一人目  ブリータ・オストロム
日本にエサレン®ボディワークを伝えた第一人者の一人であり、エサレン研究所でエサレンボディワーク草創期からの発達に関わってきた私の最初の師匠です。ふれるものと、ふれられるものの関係性、その心理、距離、そして、非侵襲的アプローチとはなんであるか等・・・。オイルマッサージを通じての形ではありましたが、すべての基礎は、彼女から学ばせていただいたと思います。ふれるーふれられることの諸相について、深い体験を積み重ねてこられた方です。


二人目  シャー・ピアス
エサレン®ボディワークに、レイキを取り入れて、精妙でおだやかなアプローチ法という独自のスタイルを確立している、私の尊敬するエサレンボディワーカーであり、ティーチャーです。
エサレン研究所に初めて訪れた1999年、名前すら知らなかったシャーの施術を受け、感動しました。以来、ずっと学び続けています。おそらく、シャーの施術を受けなければ、私はここまでエサレンボディワークを長く続けなかったでしょう。後に、彼女がレイキ・マスターであることを知り、はっとしたのを覚えています。



2人目  マリア・ルシア
エサレン研究所で、スピリチュアル・マッサージを伝えるブラジル人ヒーラーです。同じく、1999年、初めてエサレンに訪れた時に、マリアのワークを受けました。彼女の施術法は着衣のままです。エネルギーを扱うスピリチュアルヒーリングですが、私は、特筆すべきは、彼女の人にふれる際のタッチの質感にあるとも、感じています。後に、マリアとシャーが、親友同士だと後で知りました。

4人目  マリオン・ローゼン
サンフランシスコ郊外、バークレー発祥の、米国と北欧で人気のある施術法、ローゼン・メソッドの創始者。この伝説のボディワーカーの施術を昨年2010年、奇跡的に受けることができました。マリオンさんは、96才。まるで湖面のさざ波のように繊細で気づきあふれるタッチの質感はまるでマイクロ波のよう・・・。心の深部に響いていました。ちなみに彼女の著書の名前は「タッチを通じての無意識へのアクセス」です。


その他にも、あと数名、私にとっての、タッチ・マスター達のお顔が思い浮かべることができます。

振り返れば、偉大な先達のタッチを体験してきたものだと思います。
どのように触れてもらいたいのか?ということを、自分自身の感覚で探求していくのは、とても大切な作業だといえるでしょう。

8月4日から7日の今日まで。。。
タッチケア三昧な日々でした。
そして、この三人の偉大なタッチ・マスターたちのことを、思い出しておりました。

今後、「ころにやさしいタッチケア」のメソッドを、もう少し明確にしていきたいと思います。
[PR]



by reiko-koyago | 2011-08-07 23:11

9/24 第一回関西タッチケア・フォーラム(ブリータ&山口創先生)

5月27日に、正式に発足しました、NPO法人タッチケア支援センター。
この9月に、心からお勧めしたい、一押し企画をご紹介します!

『子どもの脳は肌にある』 『皮膚という脳』 『愛撫、人の心を癒す』など・・・、タッチに関する著書多数で、タッチの効能やその理論背景について、長年にわたり研究されておられます、東京の、桜美林大学准教授 山口創先生を関西お招きし、そして、9月に来日中の、エサレンボディワークを日本に伝えた第一人者の一人であるブリータ・オストロム女史との、コラボレーション企画を催します。

この企画の実現は、私がNPO法人を設立した理由のひとつです。
山口先生とぜひとも関西におよびしたい。そして、ブリータと会っていただきたいという思いがありました。

題して、第一回 関西タッチケア・フォーラム  皮膚という脳、タッチとこころ (タッチケア、その理論と実践)

9月24日、兵庫県尼崎市の阪急武庫之荘駅すぐ南の、「尼崎女性センタートレピエ」三階、多目的ホールで催します。ぜひぜひ、ご参加ください。
これは、ふれることにかかわる、すべての方達に、本当に必要で、大切な企画だと感じております!
アロマやボディワーク、マッサージの仕事に関わる方、医療・福祉・教育等の対人援助職に関わる方、あるいは、親子や夫婦間等、家庭内でのタッチケアにご関心のある方。その他、ふれることにご関心のある方に、お勧めです。(まったく、他人にふれる経験のない方も、大歓迎です)

以下、転送していただけたら嬉しいです。大勢の皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げます。
(関西タッチケア・フォーラムは、今後、半年に一回の割合で、継続していく予定です。今後とも、よろしくお願いいたします)



同内容 ブログ http://touchcare.exblog.jp/15983885/
チラシ PDF  http://touchcaresupport.com/pdf/1kansai_touchcare.pdf





 第一回 関西タッチケア・フォーラム 
                
 タッチケア  - その理論と実践 -

 皮膚という“脳” ・ タッチと“こころ”an>



日時:2011年9月24日(土) 10:30~16:00(開場10 :00)

場所  : 大変申し訳ございませんが、開催場所が変更となりました。
      尼崎市女性センタートレビエ 3階 多目的ホール
      
      http://www.amagasaki-trepied.com/
      阪急電車 > 神戸線:武庫之荘駅 武庫之荘南出口からまっすぐ南へ240m
      JR > 東海道本線:立花駅  北口を出て武庫之荘駅方面に1.8km(約20分)
      尼崎市バス > 最寄バス停:北図書館 15、43、43-2、47-2、49番
                 「北図書館」から北へ100メートル

参加費 : 5000円 (第一部のみ2000円、第二部のみ3000円と部分参加可)

定員  : 80名



第一部 10:30 ~12;00  山口 創 (やまぐちはじめ)氏 
                   
      講演: ふれることの効果  : 皮膚と心の身体心理学

   12:00 ~13:00  昼休み 
 
 
第二部 13:00 ~14:30   ブリータ・オストロム (Brita Ostrom )氏
                  

      体験ワークショップ : 自分とつながる、気づきのタッチ


第三部 14:45 ~16:00  パネルディスッション
        『タッチケアの可能性と,今後の課題』

    東日本大震災被災された方々へのケア支援活動を踏まえて
            
    (会場に被災地支援活動、経過報告のパネル掲示あり)

パネラー : 山口創、ブリータ・オストロム、
        宮里文子(NPO法人関西アロマセラピストフォーラム副理事長、看護師)

司会   :  中川玲子(NPO法人タッチケア支援センター 代表理事)



【山口 創(やまぐちはじめ) プロフィール】
桜美林大学リベラルアーツ群准教授、早稲田大学大学院非常勤講師。早稲田大学大学院卒業。博士(人間科学)、臨床発達心理士。既存の心理学の枠にとらわれず、身体から心へのアプローチ(Embodied mind)を追求している。研究する中で「触れる」という人間にとっての本質的な行為の大切さに気づき、親子のふれあい、看護や医療における「手あて」の効果をはじめ、触覚や皮膚と心の関係にまで領域を広げている。「子供の脳は肌にある」「愛撫・人の心に触れる力」「皮膚という脳」など著書多数。

【ブリータ・オストロム(Brita Ostrom) プロフィール】
米国シアトル出身。エサレン研究所公認エサレンRボディワーク認定講師。1999年より日本で教える。1960年代から統合医療とヒューマンポテンシャル運動(人間の潜在能力に関する運動)で有名な米国カリフォルニア州エサレン研究所にかかわる。エサレンRボディワークの他、ゲシュタルトプラクティスを長年実践し、グループワークも行う米国公認サイコセラピストでもある。エサレンRボディワークの先駆け的存在の一人。40年以上「ふれる」ことを実践し続けてきた体験には深みがあり、今もなお「ふれる」ことを通じての自己探求と気づき、癒しを世界中の生徒たちに伝える。


第一回関西タッチケアフォーラムの”お申込みフォーム”
こちらをクリックしてください→http://ws.formzu.net/fgen/S32549221/
(携帯からの方は、こちらからどうぞ→http://ws.formzu.net/mfgen/S32549221/)

お問い合わせ&お申込み  
NPO法人タッチケア支援センター 『やさしくふれると世界は変わる』
http://touchcaresupport.com/

TEL 06-4967-9839 fax 06-4976-9839
メール info@touchcaresupport.com



(定員になり次第、締め切りますので、お申込みはお早目にお願いいたします。
なお、参加費は、当日受付でお支払ください)



2011年9月、ブリータ・オストロム(エサレン研究所公認講師)、来日ワークショップ In 高野山
★Brita Ostrom来日サイト★ http://b-lessing.com/brita.html
モバイルサイト http://m.mysite-is.jp/blessing/brita.aspx

[PR]



by reiko-koyago | 2011-08-04 22:25

amana space &NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子(旧:こやごれーこ)メッセージブログです。お問い合わせは mail@amanaspace.com 。 HP http://www.amanaspace.com/ http://touchcaresupport.com/
by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
エサレン・ボディワーク
エサレン・ボディワーク

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧