レイライン通信 ~ 光の循環 / amana space からのメッセージ~ ~      

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧




雪の丹後半島ー女神の王国(後編)ー 久美浜湾の甲山 

 小さい時から歴史が好きでした。
 中学生のころには、今風に言うと、いわゆる『歴女』
 趣味がこうじて、気が付いたら、塾や予備校で日本史を教えていました。
 予習は大変でしたが、その時代のエネルギーや物語の中に没頭する時間は楽しいひと時です。
 翌日、授業で、「まるで見てきたかのように」語ると、生徒がよく聞いてくれます。
 興味をもってくれると、自然と自学自習するようになり、結果、入試にもよく受かってくれました。
 あの頃は早く受験勉強の指導から解放されたい思いでいっぱいでしたが、今、思い返すと、微笑ましい思い出が蘇ります。

 ・・・・日本史の仕事から離れて10年。今は、まったく趣味の世界です。
 入試には全然でない、日本の神話や伝説にイメージを膨らませるのがとても楽しく、日本国内の旅にでると、いろんなメッセージや遺跡や神社仏閣、伝承にインスピレーションが震えます。
 そんな『右脳的歴女』な、私です^^。

 ★

 と、前置きが長くなりました
(以上、ボディワーカーの私が、なぜ、こういうテーマが好きなのかの理由です^^)

 雪の丹後半島―女神の王国ーの後編です。

 丹後半島の女神といえば、伊勢外宮に祭られる『豊受大神様』であることは、前回お伝えしました。
 一般的に伝わる伝承は、最後に伊勢の地に辿りつかれた天照大神が、「自分一人では食事が安らかにできないので、丹波国の比沼真奈井(ひぬまのまない)にいる御饌の神、等由気大神(とようけのおおかみ)を近くに呼び寄せなさい」と託宣をしたことから、丹波から伊勢の外宮へと祭られた女神さまです。衣食住をつかさどる女神ということで、ちょっと、おっかさん的な女神さまでもあります。

 丹後半島には、前篇でお伝えした真名井御前の他に、聖徳太子の母君である間人皇后(はしうどのきさき)、源義経の恋人で絶世の美女の白拍子の静御前、戦国時代の細川ガラシャ等、歴史上の女性と縁深い土地で、また、羽衣伝説や、乙姫伝説も多くあるところです。

 ★

 また、今回、地元に行ってみてわかったことがもう一つあります。

 天照大神の御霊をまつる場所が、今の伊勢の地に落ち着くまでに、いろんな地に変遷されました。それを、元伊勢といいますが、丹後もその重要な元伊勢の地のひとつ。元伊勢を辿るプロセスは、大和朝廷が、天照大神という中心神のもとに、それ以前の日本の古き、各地の女神の力を融合していくことで、さらに霊的な力を深めていくプロセスだったのでしょう。(それが、女神であるところが、日本の神話の面白いところですが)

 その場所を託宣を受けて祭るのが斎宮とよばれる未婚の皇女で、巫女でもありました。最初、豊鍬入姫がその役につきましたが、その後、倭姫(やまとひめ)へと移ります。最終的に伊勢の地に天照大神が落ち着かれるように導いたのは、この倭姫です。

 その、倭姫のお母さんが、丹後半島の豪族の娘であったそうなのです!
 この時期の大和朝廷は、各地の有力豪族から天皇の妃を招いていたのですが、丹後からの輿入れは非常に多かったそうです。現に、あの丹後の海部氏の娘、真名井御前も、淳和天皇の妃となっております。

 古代丹後は、天皇の母の地でもあり、その地の女神、豊受大神が、天照大神と同格に、伊勢の地に祭られたのも、うなづけます。

 ★

 さて、今回の旅は、天橋立から、さらに、奥丹後へと進みました。
 宿泊は、8世紀に行基菩薩が開いたという伝説の残る、京都府内最後の温泉地、木津温泉へ。
 天橋立駅から40分ほど電車で西へと向かいます。

 木津温泉のお湯は、さらさらと軽い感じのお湯で、長くゆっくりとつかれます。
 またカニは、本当に、美味しかったです。(12月のカニは格別だといいます^^)

 夜中、ずっと、激しい雪で、時折、大きな雷が落ちていました。
 雪の中の雷を、地元の人は、「雪おこし(雪おろし)」とよぶらしく、雪を呼び覚まし、起こすからだそうです。
 これから、本格的な雪の季節が到来するという時に『雪おこし』はよく落ちるそうです。

 ★

 翌日12月25日、前日以上の大雪の中、木津温泉から、さらに、数駅西に進んで、久美浜駅に着きました。
 
 11月に訪れたお客様から、(なぜか、丹後半島の話題となったのですが)、丹後半島の甲山の話を伺った時以来、やたらと、この地が気にかかり・・・。
 なにせ、真名井御前の故郷の、丹後半島の『甲山』ですから、これは・・・って感じてしまいます。
 かつ、Facebookに、丹後に行きますとコメントをしたら、「丹後半島久美浜の甲山」のことを教えてくださる方がおられ・・・。 そうそう、そこに行きたったのだと、さらに背中を押されるような気配を感じ・・・。

 激しい雪は、辺りを、完全な白の世界に塗り替えていました。
 普通なら、山に登るなどはありえないこと。
 ただ、この久美浜の甲山の中腹には、素敵なレストランとホテルがあると聞いていました。
 そこに電話してみると、クリスマスなのでやっているということで・・・。
 雪国ですから、除雪等の雪対策には慣れておられるのでしょう。

 このレセプションガーデンというカフェです。
 http://www.rg-holidayhome.com/

 地元のタクシーは、少々早すぎる雪の到来に躊躇しながらも、二駆のスノウタイヤで、まるでスキーでも履いているかのように(笑)、するするっと雪の道を駆け抜けていきます。(雪に慣れ親しみきった地元の方ならではの走行です~)
 レセプションガーデンは、本来の山道は木が倒れていて、通行止めとなっていて、他の山道を行ってくれました。なんとか、除雪車もとおっていたようで、いやはや、ほんと、よく行けたと思います。

 到着すると、甲山を背景に、まるで御伽の国のような木の家がたたずみ、中に入るとあたたかく、心地よい、モダンな空間が広がります。
 テーブルには、すでに数組のカップルが座っていました。(実際、この2日間、丹後半島は、カップルだらけでした~!)
 久美浜湾を見下ろすテラスで、お茶やランチをいただきながら、約2時間、過ごしました。
 (夫は、ずっと読書していました~)
 曇っていましたが、時折、雲間に光が射します。
 すると、美しい、久美浜湾の、真っ白な雪景色が姿を現すのです。

 いったい、ここは、どこなのだろう?

 不思議な感覚に誘われます。
 すでに、日本の古い神道の女神はどこかへ遠のき、未来めいた、平和で、透き通った空気が私をつつみます。

 「そこは、レムリアなんですよ・・・」
 と、私に、最初にこの久美浜の甲山へと誘った方の言葉がよみがえってきました・・・。

 レムリアとは、太平洋にあった、超古代の伝説の島の名前・・・。
 でも、ここは日本海^^。
 そうですね。レムリアというのは、時空を超えて、私達の記憶の粒子の中に存在するのだから、日本海にレムリアがあったって、おかしくはない^^。

 まぁ、レムリアとまでは行かずとも、古代の久美浜湾に、海を越えてやってきた人達の、豊かで穏やかな王朝があったのは、間違いないでしょう。実際、このあたりには、多くの遺跡があるわけですし。

 ★

 かつて、この久美浜の地に、原子力発電所が建てられる計画が持ち上がったそうですが、そんなことは、この土地の精霊が許しはしないでしょう。実際に、この地の透き通った風景を見ていると、そこに原発が建てられるなんて、想像すらできません。(しかし、同じく日本海側の、古代聖地の敦賀や若狭の海には原発が何基も・・・。寛大な女神様達が、あきれてしまわなければいいのですが・・・) 脱原発に向かうためにも、新しい代替エネルギーと地域産業の活性化が不可欠。あの地域の電気の恩恵を受けている阪神間の私達も、一緒になって日本海原発銀座の『町おこし』について、考えていかねばならないように思いました。

 ★

 真っ白で、宇宙的な透き通った風景には、なぜか、白山菊理姫様のことも、思い浮かんできます(さらに北の朝鮮の地、白頭山も動き出しているようですし。彼の地にも聖地があり、彼の地にも『夢』があるということなのでしょうか・・・)

 そういえば、私の父方の故郷は丹波(丹後ではなく丹波です。丹後も元々は丹波とよばれていた地域でした)、豊受大神様の故郷に近く、母方の祖父の故郷は、石川県の金沢、白山菊理姫様のご縁の地。。。 なぜか、この地に引き寄せられるのも、わからないでもありません。それは、私のもっともっと古い、魂の源流へと辿る道を開く、いくつかの扉(記号)なのでしょう。


 キラキラの粒子を、いっぱい呼吸して、久美浜湾、甲山をあとにしました。
 次は、春か初夏に訪れたいと思います。




写真① レセプションガーデンの建物
写真② 雪の久美浜湾
写真③ レセプションガーデンから、甲山を見上げて

a0020162_146510.jpg
a0020162_1444956.jpg
a0020162_1441074.jpg


 

 

 
 

 

 

 
[PR]



by reiko-koyago | 2011-12-28 00:47

雪の丹後半島 ー女神の王国(前篇)ー 天橋立/籠神社~真名井神社ー

昨年のクリスマスは、私だけがエサレン研究所に残り、夫と別々に過ごしたので、今年のクリスマスは一緒に旅行しましょうと・・・。
とはいえ、結局、私の趣味と独断で、選んだ旅行先は丹後半島。
12月24~25日、天橋立~久美浜へと、1泊2日の旅に出かけました。
 雪にはまだ早いだろうと思っていましたが、なんのことはない。。。
 丹後半島は、大雪警報。
 福知山から天橋立に向かう電車の中、トンネルを抜けるたびに、雪景色が深まっていきました。

 丹後半島は、私の大好きな場所のひとつです。
 伊勢ー吉野ー丹後半島・・・。
 この3つの土地の清涼であたたかいキラキラ感が好きなんです。
 どれも、神話の根付く聖地ですね。

 丹後半島の天橋立には、伊勢神宮・外宮に祭られている豊受大神様の祭られる、丹後一の宮、籠神社があります。さらに、その奥の院の真名井神社が・・・。11年程前に、偶然訪れて以来、大好きな場所となりました。
 天橋立駅から、歩いて(晴れていたらサイクリングもいいです)、まるで龍の背骨のような天橋立を北へと進みます。橋立が終わると、天のゲートが開いたかのように、籠神社へと向かいます。
 丹後一の宮、丹後最大の古代豪族、海部氏の氏神。伊勢外宮には、ここの祭神、豊受大神様が祭られておられます。実に風格があり、そして、なおかつ、やわらかく自然体な空気感がとてもいい。。。

 そして、籠神社にお参りしたあとは、必ず、その奥の院、真名井神社に向かいます。
 神話では、ここに豊受大神様は降臨されたそうですが、それは、古代神道はこうであったのだろうと思わせる、木々や岩岩をまつる自然信仰・・・。
 豊かさ、おおらかさ、そして、飾らないやさしさと、生命力がみなぎる聖地です。
 真名井神社にくると、ハートがのびのびします。
 とても、懐かしい、心地よい、神社です。

 今年の春から、以前からのお知り合いで、facebookで再会した方が、この神社の前にある、天橋立ユースホステルの管理人さんになっておられることを知り、訪問しました。本当に、嬉しい再会です。ユースホステルの中も、清潔であったかい雰囲気があって、素敵でした。なんといっても、リーズナブルな料金で、あの真名井神社のご神域にずっといれるのですし、それに素敵な管理人さん(藤本さんとおっしゃいます)のお話しも聴けるのですからおすすめです。
 http://www.hashidate-yh.jp/

 ★

 今回、丹後半島に行きたいと思ったのは、また、ここのところ、兵庫県西宮市、甲山中腹の、神呪寺の開祖、如意尼こと、真名井御前のことが気になり始めたからです。
 この方のご出身は、丹後国一の宮、籠神社に伝わる海部氏の娘。神代以来の神官の家系に生まれた彼女は、齢10歳のときに誘われるがままに京、頂法寺の六角堂に入り、ここで教養を積む傍ら、如意輪の教えに帰依していったと言われます。「その生地の豊受大神が神代より鎮まり坐す、与謝の真名井原に湧くご霊水のお蔭を蒙ったのか、身も心も浄化された、天性の美しさとやさしさと、ただならぬ気品をただよわせた、しとやかな女性であった(元伊勢籠神社ご由緒略記)」らしく、その後、20歳の時に、後の淳和天皇となる皇太子に見初められ、即位後、第4妃となり、迎えられたそうで、しかし「、後宮の女官たちの激しい嫉妬に世の無常を感じ(同書)」、26歳の時に出家。観音のお告げのままに、西宮の甲山に一宇を建て、そこに空海を招き、翌年に灌頂を授かったといわれます。

  この空海と真名井御前の縁は本当に深く、承和2年(835年)の3月20日、如意尼は師空海の坐す南方に向かって合掌して坐し、如意輪観音の真言を誦しながら、そのまま紫雲に乗って、遷化した。齢正に三十三歳」だったといいます。ところで、その翌日の3月21日。高野山の空海も、まるで真名井御前(如意尼)のあとを追うように、62才で入定されたといいます。

 子弟というには、あまりにも深い空海とのご縁です。私には、イエスキリストの魂の女性性がマリアであるように、空海の魂の女性性が真名井御前であるかのように見えます。また、真名井御前によって、空海のもとに、海部氏のもとに伝わる神道の秘宝が伝わったともいわれます。真言密教は神仏習合によって起こりますが、唐からもたらした新仏教に、日本古来の神道の秘宝が融合したい、真言密教の豊かな世界が育っていったのでしょう。。

 ★

 この真名井御前のことを知ったのは2007年。初めてのアンマ、関西(神戸)プログラムの一週間前の、西宮の神呪寺のご本尊である、如意輪観音像の御開帳の日です。それは、空海が真名井御前をモデルにして彫ったという言い伝えがある仏像です。この仏像の御開帳から、不思議なシンクロニシティがおこり、私のところに真名井御前にまつわる話が、次々に訪れるのです・・・。

 それから、私は長い間、この真名井御前のことが気になり気になり・・・。
 このように、ブログに書いたり、人に語ったり・・・。
 アンマと、この真名井御前の女神の波動が、重なり合い、もう一つの波となり、現代へと伝わります。

 あげく、私のブログを読んだ、舞踏家の女性が、西宮、甲山で、真名井御前の御霊に奉納舞踏を捧げたいとおっしゃることに・・・。
 なんとか、それもやれたのですが、なんと・・・。
 その日は、西宮では珍しい大雪で。バスもタクシーもすべて停止してしまうような、異例の大雪。。
 
 その真っ白で、神秘的な雪に覆われた甲山神呪寺の境内で、奉納舞踏を捧げていただいたのが2008年の1月。。。  
 今回の、丹後半島の大雪も、何やら、その日を思い出す、特別なメッセージを感じてしまうのでした。





さて、はなしが横にそれてしまいました。

私は丹後一の宮、籠神社へと続く道。
そして、天橋立の道を歩くのが大好きです。

それは、人の世と、神々の世とをつなげる、架け橋で、
人の心の内側にある、神性の扉を少しずつ開けていくように感じれて
少しずつ、神さまの懐に近づくような心地になるからです。

雪の天橋立を歩いて、たどり着いた籠神社で、
ひさしぶりに、御神籤をひきました。

神と一つの心になれば、はれてすずしい胸のうち。

嬉しくも、心地よいメッセージに、思わず、心が微笑みました。


(旅の続きは、次のブログでお届けしますね)

写真、上2枚は、天橋立の道。
写真上から3、4枚目は、笠松公園からの天橋立の風景です。

a0020162_241513.jpg
a0020162_2424055.jpg

a0020162_2375914.jpg

a0020162_238364.jpg



 

  


 
[PR]



by reiko-koyago | 2011-12-27 01:41

― 弔う心 ー  宗教学者・山折哲雄さんの言葉から

 レイライン通信。
 なんと、8月以来、4か月ぶりの更新です。
 2004年にブログを開始してから、こんなに長い間、休憩したのは2度目でしょうか?
 最近、NPO法人タッチケア支援センターのブログ(http://touchcare.exblog.jp/)の更新が忙しくて、なかなか個人ブログのレイライン通信が更新できなかったのであります。

 でも、やっぱり、続けていきたいので、「うんしょ!」と更新することにしました♪ 公式なお知らせはタッチケア支援センターのブログでお伝えするとして、レイライン通信は、私個人のつぶやきを記録していきたいと思います。懲りずに続けていきますので、時々、お立ち寄りくださいね^^。

 さて、再開のきっかけは、昨日の朝日新聞夕刊での、元東北大学助教授の宗教学者、山折哲雄さんのお言葉でありました。


宗教学者・山折哲雄さんに聞く 2011年12月12日 朝日新聞夕刊 

・・・・・(略)・・・今回の大震災では、一度に大勢の方たちが亡くなり、お弔いが大問題になりました。生き残った人たちと亡くなった人たちとの「絆」をどう結ぶのかというのが難題です。
 亡くなった方達は、法律(墓埋法)に従って行政が所管しています。一方で死者との関係は宗教の領域でもあるのですが、各地の遺体安置所に宗教家は近づけませんでした。政教分離の問題が出てきたからです。
 でも、私は、安置所に入り、死者の前で悼む宗教家が次々に出てきてほしかったと思っています。浄土・極楽・あるいは天国でもいい。「亡き人はそこに行く。だから私は、そばで祈り、念じる」と制止を振り切ってでも、堂々と近づいてほしかった。
 法律を破れとか、政教分離を踏みにじれと言っているのではありません。これからも大きな災害が起こる可能性があります。その時に、今回のようなお弔いでいいのか。宗教はどうかかわっていけるのか。そんな問題提起を宗教の側からできたはずだと思うと、残念でなりません。・・・・(略)・・・・・・・・



 阪神淡路大震災のとき、ほんの数秒の大地の揺れで、お向かえの家や近隣の方を含め、6000人以上の方が命を落とすという事態に際し、あまりの混乱の中、人の死を悼む心は限界をこえたパニックな状況にあったように記憶しております。それでも、私の中で、震災から数年の間は、明確に「死者達」との対話の中で過ごされておりました。少なくとも、自身の行動と心の中で、1月17日の未明に命を失った一人の女性の魂の弔いのために駆け巡った1年がありました。被災地内部で一生懸命奔走する地元支援者の多くは、どこかで身近な人の死を受け止めていたように思います。被災者は、あるいは、被災地は、「死者達」と共に在る”ゾーン”なのだと思います。

 宗教というものは、何かを思い込むものではなく、自然な心の発露として死者を悼み、魂を癒そうと全力を尽くす、心の自由の中に流れていくものなのでしょう。それに対して、政教分離の名のもとに、私達の遺体が冷たく管理されていく現実を見るとき、私は冷静でいられない何かを感じます。

 1995年の阪神淡路大震災の時も、私達に宗教的な支えは必要であり、静かに名もなき宗教的感覚が芽生えていったのでありました。
 しかし、あの同じ年の春に、東京で地下鉄サリン事件というとんでもない事件が起こってしまったのです。阪神淡路大震災であれほど大勢の人達が命を失ったのに、そして、大勢の人々が彼らの死を心の底から嘆き、悼んでいるのに、わざわざ地下鉄に毒ガスをまいて人を殺害するという宗教がこの世に(しかも、同じ日本で)あるということが、まったく理解ができませんでした。神戸と東京の「温度差」という言葉を通り越して(被害者の方には申し訳ありませんが。被害者という意味ではこれほどの被害者の方はおられないでしょう)、まったくの茶番であり勘違いであり、その宗教的無能さと、私達被災者の心を踏みにじる歴史的犯罪に途方もない怒りを感じたものです。

 あの時、私達の中に、あきらかに死者との絆のもとで生きようとする、魂の萌芽があったのです。しかし、あの地下鉄サリン事件の茶番で気泡ときしてしまいました。(まったく、余計なことをしてくれたものです!) 私達は、それを「宗教」とよぶことを恐怖し、遠ざけていってしまいました。
 
 東日本大震災では、15840人の方の死亡が確認され、いまなお3529人の方が行方不明です。
 このことは、本当に重い現実であり、東北の地は、この亡くなられた方達の御霊との対話がなくして、復興は進められないでしょう。まさに、彼岸との対話が、日常でおこなわれるべきものであり、おそらく、地元の宗教観とあいまって、粛々とそれが行われているはずだと想像します。
 
 祈りや鎮魂は、死者の魂を癒し、生きる者の心もなぐさめ、そして、私達の行く道を照らします。
 宗教は、呼吸するかのように、私達にとって必要な魂の栄養分となるべきものです。
 しかし、もはや、私達は、それを「宗教」という言葉でよぶことに違和感を感じてしまっています。
 これは、新たな試練です(そういう意味で、地下鉄サリン事件は、文字通り悪魔の仕業だったのでしょうか)
 
 スピリチュアルケアでも、グリーフケアでも、その呼び名はなんでもいいので、私達から魂の栄養を奪うようなことが、二度とおこらないように、今度こそ、気を付けて歩みたいと思います。

  
[PR]



by reiko-koyago | 2011-12-13 12:57

amana space &NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子(旧:こやごれーこ)メッセージブログです。お問い合わせは mail@amanaspace.com 。 HP http://www.amanaspace.com/ http://touchcaresupport.com/
by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
エサレン・ボディワーク
エサレン・ボディワーク

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧