「ほっ」と。キャンペーン

レイライン通信 ~ 光の循環 / amana space からのメッセージ~ ~      

<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧




光の循環 ~レイライン通信、再開しちゃいます~

2016年が始まり一カ月が過ぎました。
なんと、レイライン通信、1年3か月ぶりの更新です^^。
ここのところfacebookの投稿と、NPO法人タッチケア支援センターのブログの更新に忙しくて、このレイライン通信に記事をアップする時間がありませんでした。このブログをスタートしたのは2003年ですから、もう13年も存続してるのですね^^。でも、このように時々休憩してしまうこともよくありました。ま、それでも継続は力ですね^^。昔の文章を読むとほほえましくなってきます。こうなったら、死ぬまで続けちゃおうかなぁ、、、なんて・・。

2011年にNPO法人タッチケア支援センターを立ち上げてから、意識の中にパブリックに、、、というモードが働いていたようですが、2016年に入って、、もっと自由に文章を書きたいという気持ちが深まってきちゃったようです。facebookにもよく投稿してたのですが、最近その欲求が強くなりすぎて、どうも文章が長くなりすぎる。。。なので、古い古いブログ”レイライン通信”の復活です。(あ、レイラインとは、Ray Line,,,2001年からスタートした、もともとの私のヒーリングサロンの名前です→今や知らない方も多いですよね^^)

さて、再開、最初の投稿は、こんなテーマから。。。


昨日から再び、「こころにやさしいタッチ&ヒーリング12回講座」が始まりました。この講座もまた、レイライン時代にスタートしたもので、2003年からお客様に頼まれて開講した私なりのエサレン®ボディワークスタイルの全身のオイルトリートメント講座です。タッチケア支援センターを立ち上げてからは、そちらの主宰に変更しましたが、2012年から15年にかけてのシャー先生のエサレン®ボディワーク資格認定コースのお手伝いの体験を経て、自分なりに、深まってきたような気がして、昨年からこちらも再スタートしたわけです。

昨日は、12回コースの第一回目。初日はいつものように、お一人お一人の自己紹介から始まりましたが、たとえば。。。

ほんとうは自分自身をケアしないといけないのですが、なぜか、人をケアすることを学ぶことを選んでしまったのです。

こういうふうにおっしゃる方はとても多いですし、振り返れば私自身もそうでした。
おそらくは癒しの道に入る方の多くの方が体験されているのではないでしょうか?

結論を言えば、どういうきっかけであれ、方法であれ、意識的であれ、無意識的であれ、自分自身を癒すことを選択していくことは、大いなる勇気と決断と祝福に満ちたものであると私自身は思うので、「他者を癒すことを学ぶ」ことからスタートしてもかまわないわけなんです。いずれにしても、Welcome to this path !! なのであります。

タッチケア講座にしても、タッチ&ヒーリング講座にしても、人に触れるということを通じて、自分自身を感じ、自分自身に触れて、自分自身をケアすることを体験することは、うちの講座では必須です。なので、いっそもう「セルフケア講座」「セルフヒーリング講座」にしようかとも思うことはあるわけなんで、まぁ、それも、いずれ考えてみてもいいかなぁとは思うのでありますが、やはり「ふれる」ことを通じての自他の関係性は興味深く捨てがたさを感じます。

ところで、今回の受講生の方で、もともと私のお客様として初めてエサレンボディワークを体験し、そしてその後エサレンの認定コースに進みプラクティショナーとなられた方がおられます。何をいまさら、こんなベーシック講座を、、、と思ってしまうのですが、ご本人のご希望ということで再受講枠でご参加いただいているのですが、まぁ、昨日の交換セッションでは、とてもとても、美しく、慈愛に満ちたセッションを目の前で展開してくださり、久しぶりに、施術を見て胸が熱くなる、、、ということを体験しちゃいました。
今の私に、これほどに、愛に満ちたセッションができるだろうか??と思い、正直な感想を彼女に述べたところ、、、。

何を言うんですか、これはもともと、玲子さんが私にしてくれたことじゃないですか!

と、、、。

へ? 記憶にございません~。
(そもそもセッション中は「今ここ」度が高いので、終了すると忘れてしまうことが多いのです、、、)

でも、そういえば、他の方にも、そんなことを言われたことがあります。なるほど、かくのごとく「癒し」というものは、受け取ったほうが記憶に残りやすいのですね^^。そういえば、私もそうです。というのか、受け取らないと、自分自身の深いところに落ちていかない。振り返れば、私も多くの感動的な癒しを受け取ってきたわけです。

で、私が体験した癒しは、多くの場合、その癒し手もまた、私に与えたことを、忘れてしまっている、あるいはそのことに執着しない方が多いわけです。そういえば、私もまた、「ありがとうございます。あの時、私に届けてくださったヒーリングで、私は本当に癒されました。感謝の言葉もございません!」などとその方にお伝えした場合、やはり同様に、「へ?」てな顔をされるのでした。

たとえば、もう、15年以上前の話ですが、あまりにも、偉大な癒しを受け取ったあるヒーラーさんに、私は、思わず、このようにつぶやきました。「凄い、凄いです~~!!あなたは素晴らしい!!」と。

そしたら、その方、むっとして、真剣に怒り出してしまい、こういわれてしまいました。

凄い、凄いってねぇ、あなた。「人間存在」そのものが、凄いんですよ!!

うーん、やられました。私がせっかく受け取った癒しの光を、それを引き出したヒーラーさん自身に「すごい!」と称賛してしまうことで、その光をその人のほうに送り返してしまうことを、その方は、見事にばっさり、返金してくださったわけで、おかげで私は、せっかく受け取ったものを、やすやすと手放すことをせずに、しっかりと「受け取る」ことを完結することができて、「この癒し」が明らかに自分の中に起こっていることであることを確認することができました。その方は、そのプロセスをサポートし、しっかりと見守ってくださったわけです。


そして、私は、こうやって受け取ってきたことをクライアントさんに伝え、そのクライアントさんもまた、その方のクライアントさんや、大切な方に伝えていってくださっている。。。そして、その循環はさらにつながり、かつてクライアントや生徒さんだった方から、私は再び愛を受け取り、愛を学んでいくこともあるんだなぁと思うと、嬉しく、そして、豊かな気持ちになってきました。やはり、長く続けているといいこともありますね^^。(受け取ってくれて、ありがとう^^)


光の道筋は、円を描くかのように、循環し、
魂の光は交差しながら、螺旋状に、共に歩みゆく。



レイライン通信の再スタートに相応しいテーマをいただきました。

では、皆さん、これから、また、つらつらとつぶやきますが、また時々、お付き合いくださいませ^^。




a0020162_11232571.jpg

[PR]



by reiko-koyago | 2016-02-01 11:25

amana space &NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子(旧:こやごれーこ)メッセージブログです。お問い合わせは mail@amanaspace.com 。 HP http://www.amanaspace.com/ http://touchcaresupport.com/
by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
エサレン・ボディワーク
エサレン・ボディワーク

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧