人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レイライン通信 - Soumya 中川れい子の日々を伝えるblog rayline.exblog.jp

エサレン®ボディワーカーでNPO法人タッチケア支援センター代表理事の中川れい子(旧こやごれーこ)の個人ブログです。2003年から、癒しのことを、旅のこと、聖地巡礼、社会問題の徒然を気ままに綴り続けたブログ。


by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ソマティック京都フォーラム2022.10.10

ハクスリーの意識探求with 片桐ユズル

忘れられないフォーラムとなったので個人的に書き残しておきますね。(かなり長くなりました。途中で横道にそれますがご容赦を!)


詳しい、内容は、おそらくソマティック心理学協会さんの機関誌VOSSに詳細が記録されると思います。楽しみに待ちながら。

場所は、京都教育文化センター。前日まで京都の別の講座のため芝蘭会という京都大学構内にあるお宿に泊まっておりましたが、そこから歩いてすぐでした。そして、Googleマップに導かれて訪れてみてはっとします。昨年、看護学部でのタッチケア講座で訪れた、京都大学医学部人間健康学部の門のすぐ前だったので。朝からデジャブ感に打ちのめされます。


ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_11405087.jpeg
ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_11413086.jpeg


さて、今回のテーマは、オールダス・ハクスリー。

そして、ハクスリーの翻訳者で、アレキサンダー・テクニークを日本に紹介し、日本のソマティクスのパイオニアのお一人である片桐ユズル先生。御年91歳。私にとっては大切な師であり、コロナがおこる2022年の2月までずっと、毎月、京都からアマナスペースに通ってくださり、月に一回のアレキサンダーのクラスを開講してくださっていたのです。遠方から来ていただくのは、ハラハラしておりましたが、思い返せば本当に、からだとのつながりについて、大切なことを伝えていただけたと切に切に感謝です。直接お会いするのは1年半ぶりぐらいでしょうか?かなり、お痩せになられおられたので、少々びっくりしましたが、しかし、さすがユズル先生。存在そのものが、叡智であり詩であるのが伝わってきます。


ソマティック心理学協会会長の久保隆司先生が、ユズル先生の回顧録、「忘れてしまってもいいように」を読みながら、ハクスリーとユズル先生のことを解説。サポートにアレキサンダーの田中千佐子さん。すでにワークショップ会場に移られたユズル先生を日頃からサポートされている新海みどりさんもおられました。


ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_12251048.jpeg


ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_11422022.jpeg

ところで、オールダス・ハクスリーって誰?って方は多いのでは?

日本ではそれほど有名ではないと思います。ただ、エサレン研究所に行った方なら、メイン・セミナールームが“Huxley”であることに気づく人は多いかもしれません。ちょうど私達が引率で認定コースでエサレンに3年連続で訪れた頃に、老朽化したHuxleyは取り壊されて新しく改築される直前でした。私も古いHuxleyでは何度か、忘れられないワークショップを体験しています。今も、リスペクトされ続けているオールダス・ハクスリー。いったい何者?

2016年に新しくなったエサレン研究所の中心ワークショップルーム。Huxleyが再開したエサレン研究所の記事。(古い頃のHuxleyの写真がどうしても見つからないのですみません^^)


久保隆司さんは、ソマティックなリベラル・アーツの原点回帰として、ハクスリーをテーマに選んだとおっしゃってました。それは・・・、

“言語”と“非言語”

“心理”と“身体”

“意識”と“無意識”という対立を超えて、“両生類”として生きてきた人類の身体知の探究の歴史。今回のフォーラムの中で得た知識ももとに、少しまとめてみたいと思います。

オールダス・ハクスリーは、1894年、イギリスの学者を多く輩出した名門の家に生まれた小説家。当時は、ヴァージニア・ウルフ、TH・ロレンス、T.S.エリオットに並び称される著名な作家でした。未来社会の管理社会のディストピア、「すばらしき新世界(原題 Brave New World)」を1930年に出版してベストセラー作家となる。ジョージ・オーウェルの「1984」に遡るかなり前。(ジョージ・オーウェルは一時、フランス語教師でもあったハクスリーの生徒でもあったらしい)

その内容は、管理社会を描いた文明批判。Wikiにある簡単な要約を引用しますと「機械文明の発達による繁栄を享受する人間が、自らの尊厳を見失うその恐るべきディストピアの姿を、諧謔と皮肉の文体でリアルにえがいた文明論的SF 小説」「人間の受精卵の段階から培養瓶の中で「製造」され「選別」され、階級ごとに体格も知能も決定される。また、あらゆる予防接種を受けているため病気になる事は無く、60歳ぐらいで死ぬまで、ずっと老いずに若い。ビンから出て「出生」した後も、睡眠時教育で自らの「階級」と「環境」に全く疑問を持たないように教え込まれ、人々は生活に完全に満足している。不快な気分になったときは、「ソーマ」と呼ばれる薬で「楽しい気分」になる」(ソーマは、この場合“からだ”ではなく薬の名前として登場。でもソマティクスは管理社会の現代の解毒剤になるのかも?)

何が気持ちいいのか、何が美味しいのか、何が正しいのか?全部、科学が決めてしまう社会。

このディストピア、なんやかやいって、今の時代に似てないだろうか?

「すばらしき新世界」を著してベストセラー作家となったハクスリーは、その後、うつ病となる。そして、目の治療もかねて、アレキサンダー・テクニークの創始者の  アレキサンダーと出会っていった。(もともと、ハクスリーは幼少期のことから目の病に悩まされてきて、この目の治療、そして、視覚、ものの見え方について、終生のテーマとなっていくのでした。そして、今回のフォーラムのテーマも、眼とまなざし)

1937年、渡米(はじめはNYに。翌年、LAへ)アメリカでは、目の治療のためベイツ博士の視力回復の治療を受けたということです。目の使い方を変えると、意識が変化することをハクスリーは体験している。そして、メスカリン等の幻覚剤体験。見え方の違い。意識の変容。脳内への探求。さらに、瞑想を通じて内的世界への探求は深まり、そして、インド哲学へ。クリシュナムルティとは家族ぐるみでの友人だったそうです。

1945年「永遠の哲学 The Perennnial Philosophy」を出版。

*私は実は今年初めて知った本。古今東西の神秘思想家の心に残る章句とテーマごとに集めた、ハクスリーによる神秘思想の解説書。とても美しい本だと思います。とはいえ片桐ユズル先生、「読んだことない」と一蹴。(確かに、この本をユズル先生が読んで感動している姿は想像できないなぁ。戦前日本の宗教とつながった国家主義を体験されている片桐先生は、神秘思想にはちょっと懐疑的でらっしゃるところがあるかもしれません。お祖母様が熱心なキリスト教徒であったということも関係しているかもしれないけど。ビート二クスの詩、フォークソング、ソマティクスというユズル先生的な地平を広げていかれているような)


ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_11431856.jpeg

1954年、「知覚の扉」を出版。

*ハクスリーを最も有名にした本ではないでしょうか?幻覚剤メスカリンが、かつての幻視者・芸術家たちの経験をよみがえらせる知覚の可能性の探求を通して、ハクスリーが芸術を、文明の未来を語り、後のニューエイジ運動の火付け役となった。すなわち、サイケデリック時代を引き起こした名著。ある意味、私は、この本は“美学”の本としても読めるかもしれません。絵の話がいっぱいでてくるから。ものの見え方と、表現の仕方の変遷。そして、この本の最初に、ウイリアム・ブレイクのこの言葉が書かれているのです。

知覚の扉、澄みたれば、

人の眼に、ものみなすべて永遠の実相を顕さん。


ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_11493758.jpeg

18世紀のイギリスに生きた、画家であり、詩人であるウイリアム・ブレイクは、幼い時から幻視があり、天使や魔物が見えていたらしく、彼の絵は、それがそのままに描かれていて、まるで生きているかのような絵が残されています(←美学を専攻した、私の卒論は、「ウイリアム・ブレイクの幻想絵画における預言的性質について」。いやぁ、教授達が並んで「あなたの言ってること、わかりません~」と言い放たれたのを思い出しますわ^^。わからないから、通してあげようっていうおおらかさが美学科のいいところ。学生時代にユズル先生に出会ってたらなぁ^^)


ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_11440617.jpeg

ブレイクの話は、「知覚の扉」の本文に何度も出てきます。そうそう、忘れていました。あとで、ユズル先生の弟さんの中尾ハジメ先生(元京都精華大学学長、日本に初めてマンガ学部を設立した立役者のお一人。京都の歴史的カフェ、ほんやら洞の立役者のお一人でもあります)に教えてもらった。お会いするのは初めてで、ユズル先生よりかなりお若く、今回は、ユズル先生のサポート役として参加してくださいました。そう・・・知覚の扉には、ブレイクが登場する。あの、ロックバンドのDoorsも、名前をブレイクのこの言葉からとったと言っていた。

さらに、ハジメさんから、アレンギンズバーグをはじめとするビート二クス詩人たちは、みんなブレイクが大好きだったという話を教えてもらった。へー、そうだったのか。私は絵画から入ったから、詩人としてのブレイクの影響をあまり知らずにいたのです。(私は、確か、柳宗悦が熱狂的にブレイクを愛していたので、そこから入ったと思う。ロック少女なのにね^^。でも、ロックやパンクが好きなら、ブレイクのことは好きになるでしょう。ビート二クスはその源流)

18世紀の産業革命と、アメリカの独立、フランス革命の真っただ中に生きたウイリアム・ブレイクは、幼い時から、とてもごく自然に、天使や魔物等の幻視が見えていて、両親は彼が生計をたてれるように画業の弟子入りをさせたので、ブレイク自身はほとんどアカデミックな教養は受けていない。銅版画が主な仕事で、いくつか私的に水彩画も残しています。映画「レッドドラゴン」で主人公の連続殺人鬼がのめりこみ、最後はその絵を食べてしまうったという“ドラゴン”の絵もブレイクが描いたもの。見えるがままに、生きているかのように描くのがブレイクの絵の特徴で、中尾ハジメさんが、ブレイクの絵と、日本の漫画とが似ていることを語ってくださいました。確かにそう。。。ほんとうに似ている。。

ユズル先生、ご講演の間、ふっと、会場で座る私と目線があい、突然、ブレイクの話をしはじめてくださいました。ブレイクは、私と、ユズル先生の密かなつながりで、米寿のお祝いの時も、私がプレゼントしたのはブレイクの絵だったのですが、先生、ブレイクがお好きなんだなぁと、あの時、凄く伝わってきました。無垢で、素朴で、直感的で、見えているものは見えているのだと、世の中に妥協しない。なおかつ、あまりにも身体的な詩人(ブレイクの逸話に、裸で庭を歩いていた等があります)

だから、最後に、ご講演が終わったあとに、ユズル先生が、がしっと手を握り合ったとき、「ブレイクのこと、やりましょう!」と伝えてくださったのです。あ、先生、まだまだやる気なんだ!って驚きました。目が輝いておられた。


ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_11452496.jpeg

私にしたら、原点回帰です。でも、ロック少女から、ソマティクスへと移行した中に、ウイリアム・ブレイクが架け橋となっていたのを、今になって思い出します。

ああ、話がブレイクの話に横道にそれてしまって、恐縮です。

オールダス・ハクスリーに戻りましょう。

ユズル先生いわく、このようにハクスリーは、「ベストセラー作家から、いっきに真面目なところに行き、さらに“変なところ”に進んでいった。売れっ子作家としてのハクスリーは、「すばらしき新世界」で終ったけれど、実は、それ以降のハクスリーが重要」とのこと。まるで「すばらしき新世界」の主人公が、その世界から逃げ出していくかのように。(そこから、ハクスリーは、「すばらしき新世界」から30年後の、最晩年、ディストピア小説に対して“ユートピア小説”を書き残します。それが「島」。まさに、片桐ユズル先生の翻訳。)


「知覚の扉」を書いたあと、1959年。ハクスリーは、有名な連続講演をカリフォルニア大学サンタ・バーバラ校でおこなったといいます。それがHuman Situation (人間の状況)。その最終章が「HumanPotential(人間の潜在的可能性)」で、後のエサレン研究所の発動の原動力となった、いわゆるヒューマン・ポテンシャル・ムーブメントへと発展していきます。これは、「ハクスレーの集中講義」として、人文書院から片桐ユズル先生の翻訳本として出版されていますが、のちに、2010年、ユズル先生は「多次元に生きるー人間の可能性を求めてー」(コスモス・ライブラリー)という抄訳本にまとめられています。ユズル先生いわく、ご自身で一番好きな本がこれとのこと。ヒューマンポテンシャルとは、人間の脳は1万年以上昔の石器時代からほとんど進化していなくて、まだまだ脳の中の未知なる可能性が秘めていると。サイケデリックと神秘思想、瞑想や、アレキサンダーテクニーク等のソマティックな体験から、意識の内的な探求がこれからの人類には重要であることを説いた内容ですが、その中で「身体性」「直接体験」「気づき」そして、楽しむことが強調されています。エサレン研究所は、まさに内的な意識の成長のための実験劇場として、創られていったリトリートセンターでした。



さて、ユズル先生の抄訳「多次元に生きる」には、この「人間の潜在的可能性」と「両生類の教育」と「知ることと、さとること」等の講演とエッセイが収録されていて、さらに、ハクスリー生誕100周年にユズル先生とご一緒に参加された、中川吉晴先生との対談も収録。ちょっと、今、つらつらと読み返しているのですが、今読むのに、一番ふさわしい本がこれかもしれません。特に、訳者あとがきは、ユズル先生の関西フォークから、ハクスリーへ、そして、ソマティクスへとつながる軌跡を読み取ることができます。


ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_11471589.jpeg

言語の世界と、非言語の世界の両方を生きること。

意識と無意識、こころとからだ。

さて、このハクスリーの人間の状況の講演を聴いた、若き、マイケル・マーフィーとディック・プライスが、ヒューマンポテンシャル運動を実践するリトリートセンターを開くために立ち上げたのが、エサレン研究所です。カリフォルニアのかなりの僻地、ビッグサーに、開かれていった実験の場。19621月、ハクスリー自身が招かれたワークショップが、一応、エサレン研究所のはじまりの歴史となっていきます。


しかし、この時期のハクスリーは、すでに舌癌が発覚し余命宣告をうけ、そして、ロサンジェルスの自宅が全焼するという災難にあい、「持ち物も、過去もない」状態に。これは、この日、初めて知りました。そんな中、インドと日本にも、訪れていったそうです。ハクスリーの最晩年。

その頃に著された書が、遺作となった「島」。

1962年、亡くなる1年前。エサレンが始まった年に出版されています。

ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_11460067.jpeg


それは、ハクスリーの名を知らしめた「すばらしき新世界」の描いた、ディストピアの正反対である、ユートピア、理想郷を描いた小説。30年間の時をこえて。これもまた、片桐ユズル先生の、翻訳です(私が、ユズル先生の名前を知ったのは、島の訳者としてです)

不思議な変遷で、何故か30年以上前から私の書棚にはオールダス・ハクスリーの遺作である「島」がありました。今、古書で2万円以上するってびっくり。「島」の文学的位置づけは、長い間知らずにいましたが、今回のソマティック・京都フォーラムでは、「島」が著された最晩年のハクスリーのことがよく理解できたのが収穫でした。ハクスリーは、「島」をどのような気持ちで著したのだろうか? がんで余命宣告され、家が全焼し、持ち物も過去もなく、それでも、エサレンというわけのわからない場所を開いた若者たちが自分を慕う。この時期は、ティモシー・リアリーや、ジョン・C・リリー達、サイケデリックの意識の探求を深める人々も、ハクスリーのもとに。まだ、何も形にはならないけれど、確かな潮流が蠢いていた時期であることは、肌で感じていたでしょう。

そんなことを、片桐ユズル先生に、聴きたくなって、会場で質問をしました。

すると、突然、ユズル先生、とても、しっかりしたお腹からのお声で、こうおっしゃって。。。それが、ハクスリーの言葉なのか、ユズル先生の言葉なのかもうごっちゃになってわからないのですが。私には、こう聴き取れました。

あらやゆる前線において、同時に、

総攻撃を起こす必要がある。

変な人の、変な人の集まりがだいじ。

リベラルアーツ!

ちょっと、これは、ユズル先生の預言の言葉のように響いちゃったのですが。。

眼が輝いておられて、先生の存在から発するワクワク感が伝わってくるのです。

エサレンに集まった変な人たち。

アラン・ワッツや、シャーロット・セーヴァー、フリッツ・パールズ、アイダ・ロルフ。ハーバード大学を追い出されたティモシー・リアリーとラムダス。みんな、当時は、何をやってるのかわからない、変な人たちでした。エサレンは、変な人達が居心地よく集まり、語り合い、わかちあう場所だったのです。

それがおそらくは、ユズル先生が愛した京都のカフェ、「ほんやら洞」もそうだったのでしょう。

「島」は、ハクスリーが見抜いた、未来の管理社会を描いた「すばらしき新世界」の返歌。私達が、すでに陥ってしまっている機械化された社会で失われてしまったものへの解毒剤。今こそ、読むべき本なのかもしれません。(というのは、30年以上もちながら、今だ読めていないのです、この本を。それを、かなり前に、ユズル先生に伝えたら、これまた凄く嬉しそうに眼を輝かせて、そうでしょう、そうでしょう。と。あれは、何も起こらない本だから読んでて面白くないからね~と。実際に、この本の内容は、それほど、何も起こらないものではないのですが、でも、何か、トーンが違うのでしょう。実際には、様々なことが起こっていくのですが、この本は、「気づきなさい」から始まり、「気づきなさい」で終ります。

オールダス・ハクスリーは、「島」を出版した翌年の、1963年。私の生まれた年ですが、まさに、ケネディ大統領が暗殺されたその日に、この世を旅立ちます。

「島」の訳者、後書きの中の、片桐ユズル先生の文章の、ハクスリーの臨終を著した下りがとても美しいので、そのまま、記載したいと思います。

「『島』は全篇、死の影のもとにあり、生き方とならんで死に方がおしえられる。ハクスレーは、マリア夫人を1955年に乳がんで亡くしたときには、死の床で手をとって、「かろやかに、かろやかに、お行きなさい」といって死ぬのを手伝った。そして、彼自身は、1960年の夏、『島』の完成の1年前に、舌のガンと診断され、19631122日、ケネディ大統領暗殺の日に、LSDが効いてくるなかで、「かろやかに、かろやかに」とローラ夫人に手をとられながら死んでいった(69歳)。そして、バラ(島の名前)も、大国の石油利権争いと隣国の軍事独裁政権のはざまで、非武装無抵抗のまま、こわされていく。ユートピアの作り方だけではなく、ゆきとどいたことに、滅び方も示されている。仏陀は悲しみを示し、悲しみの終わり方を示した。ハクスレーはさらに、悲しみの終わり方の終わり方も示した。これらすべて宇宙神シバ・ナタラジャの踊りのひとこま。」

ユズル先生の遺された著書は膨大で、翻訳もご自身の詩や著書の言葉にも、存在とつながる重みがあります。文学者であり、身体学者でもあるユズル先生から零れる言葉は、詩をこえて、フェルトセンスすら超える何かがあって。

今回のフォーラムでも、ユズル先生の発せられる数少ない言葉を、会場のみんなが、その呼吸や、まばたきや、声のトーンなどを、見えないもの、聴こえないものに、ユズル先生を知らない人ですら、じっと、それを受け取ろうとすることができたのは、ユズル先生が、もう、存在の奥底から言葉を発することしかしない方だからではないでしょうか。

昔、初めてエサレン研究所を訪れたとき、シャーロット・セーヴァーのワークショップがあり、遠目でですが、シャーロットの姿を垣間見ました。90歳代後半だったと思います。耳はほぼ聞こえていないということで、動きも微細で、私にはその姿が“深海魚”に見えました。ゆっくりと味わい、感じ、動き、必要なことしか語らない。その空気感の中で、おおいなる一体感がクラスでは生まれていったと、参加した人が教えてくれましたが、その光景となんだか、重なっていきました。

呼吸。

ただ、在ること。

存在の深み。

零れる、言葉。

ほんの数秒でも長く、ユズル先生の呼吸、微細な動き、零れる言葉にふれられる時間を、どうぞ、神様、私達に残してください。

1日だけのフォーラムでしたが、関東からも大勢の方が集まってくださり、賑わいました。

ユズル先生を通じて、とても豊かな一体感が広がっていきました。

ユズル先生は、午前中だけで充分に疲れてしまわれたので、午後は、自宅からオンライン参加に。でも、もう、ほんとうにお疲れで、画面の向こうのユズルさんは、お布団の上でゆっくりお休みになられていました。ただ、横たわるだけで、ソマティクスの深みを伝えてくださる・・・。みんなにとって、忘れられない光景となりました。ほんとうに、お疲れになられたのでしょうから、ただただ、共に過ごしてくださったことに感謝です。


なんとかお元気になられて、ライヒのことも語っていただきたい。私が最初に出会った片桐ユズル先生の翻訳本、ライヒの療法について書かれた「オルゴン療法がわたしを変えた」。そして、近年出版された「聞け!小人よ!」


ソマティック京都フォーラム@2022 ハクスリーと片桐ユズル 振り返って。_a0020162_12012257.jpeg

最後になりましたが、この場を創ってくださった、ソマティクス心理学協会代表の久保隆司先生をはじめ、スタッフの皆様には心から感謝です。

貴重講演をしてくださった、同志社大学でホリスティック教育を教えておられる、中川吉晴先生のお話も、非常に深かった。中川先生と再会できたのも嬉しかったです。ハクスリーのことでこんなに人が集まるの?と、驚いておられたのも。

フォーラムでお馴染みの体験ワークショップも、非常に良かったです。私は、田中千佐子さんのクラスを。来年、発売される「The ART of Seeing」は、ハクスリーがベイツ・メソッドを通じて、眼について書かれた本で、今日は、そのワークも体験させていただきました。あのハクスリーが!と思うほど、ポップでわかりやすい目のワーク集です。

アレキサンダーの新海みどりさん(ユズル先生の愛弟子で、ずっとお世話してくださっています)のクラスや、角南和宏先生の「まなざしーみること、ふれること」も体験したかったなぁ。。。

そして、最後の座談会では、宗教学者の鎌田東二先生と、日本ホリスティック医学協会の降矢英成先生も合流。実は、私はその前の2日間、お二人の京都ツアーに参加していました。その日は、鎌田先生の比叡山ツアー。私も参加したかったのですが、やはり、ソマティクスの大会が優先であきらめました(来年、4月にもう一度、鎌田先生の比叡山ツアーをおこなってもらう企画があがっています。気になる方はぜひご連絡くださいかっ


鎌田先生が、日本の仏教思想の「草木国土悉皆成仏(そうもくこくどしっかいみなじょうぶつ)」を語ってくださいました。涅槃経の言葉で、私も好きな言葉です。生きるものだけではなく、無機物ですら、みな、物性を具有し、成仏するという思想。東洋と西洋の違いはあるかもしれませんが、圧倒的な力で、西洋文明を批判したハクスリー、どこか通じるものはあるのではないか?と、ちらっと思っています。この話は、また続く・・・ですね。 


夜は夜で、京都で素敵な会合が。

語りきれない夜となりました^_^。



# by reiko-koyago | 2022-10-17 11:25
5月に東京と関西で開講させていただきました
とても、やさしく美しいエネルギーに満ちた”Touch in Grace"
東京で、2022年11月19(土)&20(日)日、2DAYSを再び開講いたします。
今回も、素敵な空間となると思います。
お気軽に、お問合せください。
Touch in Grace  @ 東京 11月19日(土)&20日(日) _a0020162_13052404.jpeg

Touch in Graceは、23年間、私自身が実践し続けてきたエサレン®ボディワークをベースに、SomaticsとHealingの要素を融合した中川れい子オリジナルの全身のボディワークです(以前は、Touch &Healingと名付けていました)。オイルトリートメントが中心ですが、着衣のままでのワークもあります。深く、包まれるような安心感・穏やかさ・心地よさ、そして、筋骨格系に精妙に取り組みながら、ボディ&マインド&スピリットを統合し、自分自身に戻りゆく魂の旅路をサポートします。実践的であるとともに、かつ、施術者自身の癒しも深めていきます。


今回の2daysのテーマは、すべての施術のベースとなる、
「癒しを育む安全な”容器(場)”と、ハートとつながった両腕と背中」
キーワードは、前回に続き、”ゆらぎ”と”あわひ(間)”。
そして、”うちなる「女神性」とつながる””女性性の癒し”。
様々なワークを通じて、内側からの”ゆらぎ”に目覚め、自然で楽で美しい、GRACEFULな動きを内側から育みましょう。
2日目には、実践的なマッサージ技術も盛り込みます。

1日目「パーソナルスペースと境界線の考察」
  人と人との間への気づき、角度・距離・呼吸・・・空間への意識を深めながら、ヒーリング空間を形成するワークを深めます。
  マッサージテーブルを使っての、タッチワークと、全身のロングストロークの基礎も体験しましょう。

2日目「ハートと翼を広げるー肩・背中・腕のつながりを通じて(実践的なマッサージ技術)ー」
  胸と背中、腕・肩のつながりを感じながら、肩こりを軽減し、呼吸を広げる実践的なマッサージ技術をお伝えします。
  ロングストロークも復習します。(ある程度、圧を加えますので、持病や既往歴のある方は事前にご相談ください)
  *「女神」をテーマにしたオイルも使います。おたのしみに♪

中川れい子
エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー
NPO法人タッチケア支援センター、代表理事
【日時】
東京 2022年
   11月19日(土)10時~18時
   11月20日(日)10時~18時
   (会場は、東京都目黒駅から徒歩5分)

*全身のオイルトリートメントですので、施術を受けるときは、衣類を脱いでいただきます。丁寧にカバーリングしますので、ほとんど露出されている感覚は感じませんので、ご安心ください。
*お着替え、お片付けをしていると終了は18時30分ぐらいになりますので遠方の方はご注意ください。
*今回は、女性限定で開講します。

会場  東京都内(目黒区)

講習費 2日 44000円(税込み/早期割引価格)
*10月20日以降のお申込みの方は48500円となります。
   
*再受講の方は38500円(2日)
*お申込み後お振込み口座をお伝えします(お振込みの確認で受付を完了いたします)
*コロナ感染の再拡大等で延期となった場合は、全額返済か次回にまわすかをお選びいただけます。
*コロナ感染症以外の状況につきましては、規定のキャンセリングポリシーをお守りください。


定員 6名(今回は、6名様定員で締め切ります)
*最小開催人数は4名
*女性限定

QRコード

フォームが機能しない場合は、下記にご連絡ください。
touchandhealing121★gmail.com(★を@におかえください)
*お名前*メールアドレス*お電話番号*ご希望のクラス(関西か東京か)等をご記入ください。
電話番号 09019663819 (中川)


Touch in Grace
癒しのコンセプト

Graceとは、恩寵・恵み・あるがままの美しさ。
すべての人は美しく、聖なる本質を内に宿す。
Healing とは、聖なる次元から本質へとつながる光。
それは、操作することも予期することもできませんが、
一つ一つを丁寧に受け取る土壌を育むことはできるでしょう。

Touch in Grace のワークは、
深いやすらぎと、今ここに共ある寄り添いのワークであり、
心地よさと循環をうながす全身のオイルマッサージであり、
サトル(微細)ボディにかかわるエネルギーワークであり、
筋骨格系に取り組みバランスを回復するボディワークでもあります。

また、ボディ&マインド&スピリットを統合する
ホリスティックなHealingであり、
太古の昔の”神殿”の記憶を想起しやすらぎ寛ぎ、
からだ・存在・夢・無意識をつなげる
”祈り”のワークでもあります。

今・ここの気づき
あるがままの尊重
呼吸・重力・ゆらぎ
全体性
神経系へのやすらぎ
ゆったりとした動きと
深みあるタッチの質
極上のリラクセーション

からだにも、こころにも、
そして、エネルギーにも存在そのものにも
取り組んでいく、トータルなワークです。

様々なワークを通じて、
触れる者の存在(プレゼンス)を深め
クライアントさんにかかわるメタスキルを高めます。



 

<このような方にお勧めします>
*2日間のクラスでは、下記をすべてお伝えすることはできませんが、継続して御参加いただくことで様々なことを学んでいただけます。

●エサレン®ボディワークの基本メソッドや哲学を学びたい方。
●ボディケアの施術者の片で、タッチの質、癒しの質を深めたい方。
●自律神経系のバランスを調える、より上質なリラクセーションを習得したい方。
●施術者自身のメタスキルを深めたい方。
●全身へのボディワークを学びたい方。
●ヒーリングワークの基礎を学びたい方。
●ボディワークがもたらす癒しについて理解を深めたい方。
●自身とつながり、自分自身を癒すことにフォーカスされたい方。
●ロングストロークやホリスティックなかかわりを取り入れたい方。
●医療環境下でのより穏やかな施術を深めるための、施術力を深めたい方。
●身体構造を深く学び、エサレン特有の実践的なマッサージテクニックを学びたい方。
●肉体だけではなく、エネルギーレベルでの取り組みを深めたい方。



*初めての方でもご参加可能ですが、まったくの初めての方は、中川が主宰しますNPO法人タッチケア支援センターの”こころにやさしいタッチケア基礎講座”にご参加いただくことをお勧めします(並行しての受講も可能です)
*基本的に健康な方への施術を前提とした内容ですが、交換セッションの際は、必ず相手の方にご自身の身体の状況を伝えて安全な施術を受け取るようになさってください。ご不安がある方は、事前に中川にご相談ください(状況によっては安全のため施術を制限することがありますが、ご了承ください)
*これまでの施術をなさってきた方にとっては、エサレン®ボディワークの基礎を学ぶ気持ちでご参加いただけても大歓迎です。

【前回、ご参加の方のご感想】
*腕や脚の置き方、心地よいポジションを取るのに欠かせないこと。とても参考になりました。
*セッションのはじまり方と、終わり方。プロセスやポーズ(小休止)の取り方や、オイルの足し方なども参考になりました。
*音楽と波のイメージや温かな風船。。。「あの2日間の時」に、醸し出されたロングストロークの波が、まるで心と身体に宿っているかのようです。
*風船のワーク、面白かったです。柔らかいものに触れると、みんなの心も緩んで笑顔でしたね。セッションでロッキング(ゆらし)をしているとき、風船の心地と、オーバーラップして手の力もふわっと抜けました!
*参加者の皆さんとのシェアの時間も、たくさん気づきをいただきました。自分が感じたことを大切に受け止めて言葉にする。あるがままをつたえようとお腹に力が湧いてきました。今後も、人と自分自身と大いなるものと繋がっていきたいと思います。
*実際にタッチやロングストロークから息遣い、視線、気配など、この身体まるごとで体験することができて、とても良かったです。数日たった今も、背中にぺったりベッドに接地している心地よさと、胸のスペースの広さを感じています。
*自分の認識以上に無意識的緊張が高いこと・・・それが、ほぐれていったことを味わって、身心の安心感を得るプロセスを、温かく見守っていただいた経験も、大切なリソースとなりました。

Touch in Grace  @ 東京 11月19日(土)&20日(日) _a0020162_13060664.jpeg


講師 中川れい子(なかがわれいこ 旧こやごれーこ)

1998年よりボディワーク&ボディサイコセラピーを学び始める。ボディワークのほかに、クリスタル・ヒーリング、オーラソーマ、占星術、タロットカードを学び、1999年よりエサレン®ボディワークに出会い、翌年に認定プラクティショナーとして資格取得。関西の自宅で開業し、ひたすらにセッションを積み重ねる。2003年より、クライアントさんの要望で、エサレンスタイルの全身のオイルトリートメント講座を開講。Touch and Healing 講座と名付ける。2004年より足しげくエサレン研究所に再び通いはじめ、多くのティーチャー達から指導をうけ、特にシャー・ピアスをメンターとし、国内でのワークショップのコーディネート、オーガナイズを担当。2012年から2016年の間、シャーピアスを中心とするエサレン®ボディワークの資格認定コースをオーガナイズする。
また、2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立し、エサレン®ボディワークの”気づき”あるタッチを、看護・介護・家族間ケアで活躍しやすい”タッチケア”の形で普及・教育・ボランティア活動を展開する。また、自分自身にふれて、自身への気づきと癒しを深める”セルフタッチング”ワークを考案し、就労支援センター、地域活動支援センター等で展開。現在、ウェブマガジン「コ2」で「セルフタッチング入門」を連載中(2022年12月、日貿出版社より出版予定)。2021年には、タッチ研究の第一人者、桜美林大学教授の山口創氏とともに「オトナ女子のおうちセルフケア」を共著で発刊。
兵庫県生まれ。関西学院大学文学部美学科卒業。元予備校日本史講師。2004年から続ける個人ブログ「レイライン通信」。


2022年  5月 Touch in Grace 2days 関西&東京 ~Healingとしての全身のオイルトリートメント~_a0020162_12011698.jpg

Touch in Grace  @ 東京 11月19日(土)&20日(日) _a0020162_13071122.jpeg

# by reiko-koyago | 2022-07-15 11:04
テスト
# by reiko-koyago | 2022-04-14 14:07
テスト
# by reiko-koyago | 2022-04-14 13:04


中川れい子 

エサレン®ボディワーク 

&SOMETHING

個人セッション メニュー(2023年版)


関西:兵庫県尼崎市(アマナスペース)

東京:目黒区、自由が丘付近


ゆったりとした、波のリズムで

呼吸とともに、今・ここの気づきを通じて、

こころ・からだ・自然・宇宙を紡ぎ

からだの神聖さを深めゆく

エサレン®ボディワーク


どのワークも、深いリラクセーションの中

からだという神殿、そして、無意識と対話し

多様なマッサージ・テクニックを通じて

全身を丁寧にほぐすと同時に

筋・骨格系のバランスを丁寧につなげ

身体構造のつながりをサポートします。


また、音や香り、そして象徴という

癒しのツールもふんだんに使います。


ストレスや心身の疲れを癒しながら、

より自分らしいトータルな人生を歩むために

おひとりおひとりのために、

オーダーメイドでお届します。


ご予約&お問合せはこちらをクリックしてください。

<このような方にお勧めいたします>

*潜在意識とつながりたい方

*自律神経系を調え、深いリラクセーションを求める方。

*肩こりや首・背中のこり等、からだの緊張が気になる方。

*力を抜けたいと思っても、なかなか、自分ではゆるめれない方。

*筋・筋膜、骨格系をととのえ、全身のバランスと循環を高めたい方。

*こころとからだのつながり、統合感を取り戻したい方。

*エサレン®ボディワークって何?と、興味のある方。

*イライラや不眠症、ストレス等でお悩みの方。

*更年期特有のお悩みをお持ちの方。

*自分自身の可能性を広げたい方。

*本来の自分を取り戻したい方。あるいは、人生の転換期。

*自分のからだへの気づきを深めたい方。

*心身のバランスを高め、パフォーマンスを向上したい方。

*うつ・PTSD・喪失の回復期、摂食障害、不安神経症の方もお気軽にご相談ください。

*がんの既往歴のある方は、施術時にご相談ください。安全にご対応いたします。

4か月から8か月の間の妊産婦の方、産後すぐの女性の方、ご相談ください。

(心身の状態によって、施術時間を短めにすることがあります。着衣のままでの施術も可能です。

その際は、料金も調整いたしますのでお気軽にご相談ください)





≪ 星 のコース ≫


施術時間 120分

~夢・象徴・こころ・からだ・エサレン・女神オイル

 ・・・すべてをつなげるヒーリング・アート

人生の転機におすすめです。

タロット + フットバス +エサレン®ボディワーク120分


タロットと、カウンセリングと、エサレン®ボディワークという、夢・象徴・からだ・潜在意識をつなげる、中川れい子の20年以上続くセッションの醍醐味を堪能していただけるワークです。日常では意識にあがりにくい内面との対話を深め、リラクセーションととともに潜在意識の解放をもたらすワークです。タロットのあと、フットバス(足湯+αスティム)で、思考をリセット。脳内でのリラクセーションを深めます。そして、マッサージテーブルの上で、水のように流れるストロークとタッチを通じて肉体・感情体・メンタル体と丁寧に対話しながら筋骨格系・循環器系・そして、神経系を調えます。癒しと変容にコミットするトータルなヒーリングワークとして、じっくりと自分自身を癒し、新しい自分に産まれ変わるのを体感してください。ゆったりと、人生の転換期や、自分自身へのご褒美に受けていただきたいコースです。ご希望に応じて、アロマの香りもブレンドします。


料金 20000円 (税こみ)   

セッションの流れ
タロットカード・リーディング(あるいは、カウンセリング) 30分

フットバス(足湯)+αスティム 20

(足湯のさいに、頭蓋電気刺激療法、米国製のαースティムを使用し人体に害のない超微電流を流すことで、リラクセーションを促す機器です。脳波をアルファ派へと促し、セロトニンを誘発することが研究で明らかになり、無害で副作用もありません(妊娠中の方とてんかん症状をお持ちの方はご使用いただけません)。また、フットバス(足湯)を行うことで、循環を高めると同時に、グランディングを促します。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
 http://resilience-j.org/ces.html
 
エサレン®ボディワーク 120分
米国カリフォルニア州、エサレン研究所で開発された、全身のオイルトリートメント。
ゆっくりとした気づきある動き、波のリズムのゆらし、呼吸への注目、筋骨格系にアプローチする立体的なマッサージテクニック、エナジーワーク等、様々なメソッドが融合された、ボディ&マインド&スピリットの統合へとむかう、リラクセーション効果の高いボディワークです。背面をゆったりと、ロングストロークでつなげながら、肩や腰・脚などの筋骨格系を、様々なマッサージテクニックを通じてほぐしていきます。前面では、フェイシャルトリートメントを含め、お顔・首・デコルテ、両腕、お腹、脚を、丁寧にほぐしながら、最後には全体をエネルギーレベルで統合していきます。 ご希望の方には女神オイルを使っての、香りのセッションもお届けします。

*トータルで3時間半ほどのお時間をご予定ください


お得な3回連続コース

3回57000円(分割可) 

*分割の場合3回目が19000円となります。

*有効期間 1年





<海のコース>

施術時間 100分


エサレン®ボディワークの波のリズムの心地よさと、

からだ全体を構造的に取り組むベーシックなボディワーク


簡単な問診のあと、足湯とアルファ・スティムでくつろいでいただき、そのあと、エサレン®ボディワークの90分のコースをゆったりとお受けください。特に、その日に施術をご希望される箇所を中心に深部までゆっくりほぐし、そして全身をつなげるようにトリートメントさせていただきます。ストレスを癒し、こりをほぐし、からだとのつながりを再生する、ベーシックなコースです。ご希望におうじて、女神オイルを使ってのアロマの精油もブレンドします。


問診 10

足湯+アルファ・スティム 20

エサレン®ボディワーク  100分


料金  18000円 

    


フェイシャル・トリートメントを加える場合は+2000円(+15分)

トータルで、2時間半~3時間ほど、お時間をご予定ください。



お得な、3回連続コース

3回で48000円(分割可 1回16000円)

*有効期間 1年

*フェイシャルトリートメントをご希望の場合は、各回+2000円




< 月のコース 

施術時間 60分


~“こころ”とのかかわりを大切にした、

 着衣のままでのヒーリングワーク

(オイルトリートメントの変更も可能です)


メンタルがお疲れの時や、おからだの回復期や、治療中の方におすすめの、着衣のままでの穏やかなタッチのヒーリング・ワークです。うつの回復期や、手術や大きな怪我をしたあとの回復期や、トラウマを感じていたり、ふれられるのが少し苦手な方にもおすすめできる、とても穏やかで安全な施術です。ゆっくりと、丁寧に、おからだと対話しながら、ふれながら、おからだのエネルギーを広げます。安心感と、穏やかなタッチを通じて自律神経系をととのえながら、おからだと穏やかにコンタクトとります。状況に応じて、オイルトリートメントの施術もとりいれることも可能です。がんの治療中の方、サバイバーの方には米国のオンコロジー・タッチセラピーに準じて安全に施術をご提案させていただきます。お気軽にお問合せください。


カウンセリング 20分

アルファスティム+足湯

施術時間 60分 (身心の状態に応じて調整させていただきます)

料金 12000円(消費税こみ)

トータルで2時間ほど、お時間をご予定ください。


タロットカードをご希望の場合は、+2000円

フェイシャルトリートメント、α―スティム+足湯をご希望の場合は、+各2000円


3回連続コース(33000円 分割可)



< 花のコース >


お顔とデコルテを中心とする上向きのトリートメント


上向きで、お顔のフェイシャルとデコルテとヘッドスパを中心とする全身のトリートメントです。上向きの状態で、肩まわりも、十分にほぐしまますので、肩こり改善にもおすすめです。また、最後には全身をつなげるように統合するので、とても充実感のあるコースです。お化粧なおしのための、化粧道具はご自身でご持参ください。


カウンセリング 15

足湯+αスティム

施術時間 60

料金 12000円(消費税こみ)

トータルで2時間  

タロットカード 、α―スティム+足湯をご希望の場合は、+各2000円。


3回連続コース(33000円 分割可)


<母のコース>


~マタニティ・産前&産後のエサレン®ボディワーク>


*妊娠中4か月から8か月までの方にも、安心して受けていただく、全身のオイルトリートメントです。また、産後のお母様にも、心がほっとくつろぎ、リラックスし、痛みやストレスの改善、また、骨盤の安定などにも効果があります。


*カウンセリング20分

*施術 50分

料金 10000円(税込み) トータルで2時間

*フェイシャルトリートメント、タロットカードをご希望の場合は+2000円。




< 風のコース >


  オンライン・セッション


タロットカード・リーディング(あるいは、カウンセリング)と、セルフタッチング誘導による、遠隔ヒーリングワークをZOOMによるオンラインで、1対1でおこないます。

心の疲れを癒したい。お住まいの場所にかかわらず、全国、世界中、どちらからでも受けていただけます。頭の中を整理したい、からだを緩めることができない。不眠や不安。一人では瞑想ができない、、等、お気軽にお声かけください。


1セッション 60分 7000円(税込み)

お支払いは、paypalか銀行振込となります。





上記のセッションのお申込みフォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S27134092/ PC スマホ)

*フォームが機能しない場合は、こちらにご連絡ください。
メール touchandhealing121gmail.com (*を@に代えてください)
電話  09019663819

【セッションをお受けくだる皆様へ】
*お熱や咳のある方、ご体調に不安のある方は、ご遠慮ください。
*心身上の問題で、特に考慮することがあれば、事前にお知らせください。
*メールでのやりとりや、当日での面談で得た個人情報は守秘義務を守ります。
*キャンセルの場合は、必ず事前にお知らせください。



中川れい子 

プロフィール



NPO法人タッチケア支援センター理事長エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー

小さい時は、絵をかいたり、ピアノを弾いたり、子犬とたわむれるのが好きな、夢見がちの女の子でした。

思春期は、社会の様々な矛盾に心が痛みながら、なんとかしたいという思いがからまわりし、人間が五感を通じて感動するものへの関心から、大学では美学を専攻。ロックや、映画、演劇や舞踏、美術館めぐりにあけくれていました。本を読むのも大好きでした。


はやすぎる結婚。そして、離婚。人生を、どのようにすすむのか、まったくわからないとき、なにげなく、予備校や塾で日本史を教えるように。歴史探訪は、今でも、私の大切な趣味です。なんやかやと、約10年、教育産業に従事。

1995年、西宮の自宅で、阪神淡路大震災被災。

人生、ほんとうに、何がおこるかまったくわからない。そんなことを、痛感し、その後、避難所・仮設住宅でボランティア活動を行うようになりました。でも、もう、へとへとでした。まわりは、みんなへとへと。


そうした体験から「からだ」を通じての心身の癒しとサポートに関心をもち、ボディワークや心理学、各種ヒーリングを学び始めました。

ごく自然な流れで1999年、エサレン®ボディワークと出会い、その後認定プラクティショナーへ。自宅開業からはじまり施術歴は23年になります。多くの方々の個人セッションを積み重ねる中、触れることの諸相とその心身への影響について探求を深め、2003年よりタッチやボディワークに関する講座(タッチ&ヒーリング)を開講しはじめました。


エサレン研究所には、1999年から2016年の間に、合計10回訪れています。

そのうち、3回は、私自身が主宰して、御案内しました。

そして、いつのまにか、夫と出会ったのもエサレン。

不思議なご縁に導かれる地です。


メンターであるシャー・ピアス先生を中心に、エサレン関連の国内ワークショップのオーガナイズやコーディネートも企画してきました。心とからだをじっくりと癒す、リトリート。大切にしたいと思います。


さらに、エサレンのやさしい気づきのタッチを対人援助や家族間ケアにひろめたいと、2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立。こころと身体のつながりや、心身への気づき、関係性、そして、タッチの質感を重んじるタッチケアのあり方を追求し、その普及・教育・相談事業を展開しています。対人援助のための「こころにやさしいタッチケア」も考案しました。、「タッチとこころ」等の講座を開講。また、高齢者施設・がん患者会・うつ病の方の就労支援センター、発達障害・精神障害の方のデイサービス等でのボランティアや出張講座、産婦人科病棟での、産後の方への全身のオイルトリートメントの施術者としても活動。


コロナ禍にさいして、自分自身を大切にすることを実感していただきたいと願い、セルフケアの本をタッチケア支援センター顧問もしていただいている山口創先生に書かせていただきました。

「オトナ女子のおうちセルフケア」(秀和システム)

また、ウェブマガジン、コ2で「セルフタッチング入門ーわたしにふれるコロナ時代のセルフケアー」も、連載しています。


エサレン®ボディワーク等の個人セッションは、アマナスペース(amana space)と東京(渋谷区)で受け付けています。




2022年 中川れい子個人セッション_a0020162_17374065.jpg

# by reiko-koyago | 2022-04-14 13:04