人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レイライン通信 - Soumya 中川れい子のメッセージ・ブログ- rayline.exblog.jp

エサレン®ボディワーカーでNPO法人タッチケア支援センター代表理事の中川れい子の個人ブログです。2003年から、癒しのこと、旅のこと、聖地巡礼、社会問題の徒然を気ままに綴り続けたブログっです。


by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

earthquake 05  / 今、なにができるのか?

2月にNPO法人タッチケア支援センターの設立申請を兵庫県におこないました。
設立認可は5月の後半で、法務局に法人登記をし、いよいよ設立です。

気の早い話ですが、6月11日に、設立イベント予定しています。
「地球交響曲7番」の上映会です。
場所は、兵庫県の芦屋市民センター(ルナホール)で、上映は2時~4時。
詳しくは、こちらのタッチケア支援センターの暫定ホームページをご覧ください。
http://touchcaresupport.com/


みなさん、ぜひ、いらしてくださいね^^。



日本にNPO法が制定されたのは1998年。
いわずと知れた、ボランティア元年といわれた阪神・淡路大震災の3年目のことです。
全国から大勢のボランティアが集まり、そして、未認可のボランティア組織が、阪神間の各地で誕生していきました。
そうした未認可ながらも活発に救援活動していた団体を、法人として正式に認可しようというのが、日本のNPO法人法制定のそもそもの始まりだそうです。私が当時かかわってた団体も、今は、NPO法人となっています。



当時、重度脳性マヒ障害者の友人が避難していた、西宮市の避難所に、なにげに差し入れをもっていって、そのままなし崩し的にボランティアになっていったのが、私のボランティア活動のはじまりでした。

そのとき、別に、自分がボランティアであるという自覚もなく、なんといっても、私自身、被災当事者であり、自分も被災したからこそ、家を失くした人々、家族を亡くした人々の気持ちと通じ合いやすかったのでしょう。
みんな被災者です。みんな、同じ恐怖を体験したのです。ごく自然と炊き出しははじまり、救援物資の分配がおこなわれていきました。

今回の東日本大震災の被災者の方たちも、今は、まったく物資が足らず、展望も見えず、過酷な環境の中におられると思いますが、でも、その中にも、必ず、地元の方で、みんなを励まし、支えようと尽力する方がおられるはずです。その方たちがごく自然とリーダーとなり、いまは、必死に頑張っておられるのでしょう。

阪神大震災のときも、火事場の馬鹿力といいますか、普段では考えられないようなパワーが、避難所にはみなぎっておりました。だって、被災者は、サヴァイバーなんですから、強いのです!
そこにいるすべての人たちが、たとえ家族を亡くした人たちですら、今、自分がこうして生きていることに人生でもっとも大きな実感を感じておられると思います。
生と死があり、別離と再会があり、飢えと空腹、葛藤、争い、あきらめ、そして、和解・・・。
家族と家族をへだてる壁も屋根もありません。
文字通りの、垣根のない、コミュニティの原型・・・。
それが、避難所だったと記憶しています。


外部からのボランティアが、活動を始めるのは、そういう地元の被災者の方たちががんばられた後からだと思います。
救援の主人公は、被災者当事者である・・・。
ボランティアとは、その当事者の人たちが必要なことを、必要なぶんだけを、供給するのが仕事であって、
目の前の必要なことを、水が流れるように、黙々とやる。
よきボランティアとは、そういう流れを見極めることのできる人たちなんだと思います。
水が流れるのを、せきとめない感性をもつ、状況を「見守れる」人たちなのでしょう。
(かつ、笑顔と体力と忍耐は必須 & 若さもかも^^。 あ、寝袋もね^^)





さて、今日は、NPO法人設立後の書類関係の書き方の勉強会に行っておりました。
来週、尼崎市内のNPO法人が集まって、「今、なにができるのか?」を、話し合う集会があるということです。

「あああ。。。」と思いました。

阪神淡路大震災からまわりまわって16年。
決して、もう二度とあのようなことが起こってほしくないと願い続けてきたのにもかかわらず、
再び東日本で、あれ以上の災害が起こってしまった今年の春。

そんな時に、なんで、私は、NPO法人などを設立してしまったのでしょうか???





今日は、神さまに、白旗ではなくて、
電話でもしたい気分ですが、
でも、なんとか、自分で冷静に、考えてみましょう。

今、なにができるのか?
16年前ではない、「今」
そして、被災地から遠く離れた「ここ」で?

答えは、水が流れるように、おとずれるのかもしれません。
とにかく、心を鎮めてみましょう・・・。
by reiko-koyago | 2011-03-17 00:07