レイライン通信 ~ 光の循環~  / 中川れい子のパーソナル・ブログ

夢の力でつながりあうこと

米国では1月20日ですが、日本時間では1月21日午前2時。。。私の46回目の誕生日は、真夜中のオバマ大統領就任式典の生中継の報道テレビで幕開けとなりました。
200万人以上の大群衆。全米から駆けつけた支持者たちの熱い気持ちが伝わる歴史的な瞬間でした。リンカーンの奴隷解放宣言から145年。キング牧師の「私には夢がある」と演説した日から45年。アメリカの大地のスピリットが、そこに棲む人々の権利と義務を承認し鼓舞してきた歴史をしみじみと思います。

キング牧師の唱えた「肌の色ではなく人格で評価される国」という夢。まさにこれがアメリカンドリームなのかもしれません。移民の息子でありアフリカ系アメリカン人であるオバマ大統領の就任は、夢の実現にむけて大きな一歩を踏み出したといえるのでしょう。

就任式を観ながら、なぜか私には、そこには見えない、アメリカの先住民族、ネイティブアメリカンたちのスピリットを感じました。
そして、私の意識はワープし、2007年の1月にツアーを組んでいったエサレン研究所でのビッグハウスでのシャーマニックリトリートの記憶へと・・・・。そのとき私たちのスエットロッジをリードしてくれた、ネイティブアメリカンのシャーマンの、ルディの語ったことを思い出したのです。
ルディは、東海岸出身のネイティブの血を引くシャーマンですが、数年前にカリフォルニア州モントレーに移り住み、エサレン族の研究をおこなっていました。私たちの旅のガイドをしてくれたシャー・ピアスが、私達の到着の数週間前に彼の存在と出逢い、そして、私達のスエットロッジのリーダーに彼を選らんでくれたのです。
ルディは、私にあって、すぐに、なぜ、私があのエサレンツアーを企画したのかを、理解してくれました。そして、「あなたの夢」を尊重しますよと・・・。不思議なんですが、彼は、私にむかってyour dream といいました。
とても不思議なんですが、私は、そのときその自分の夢が何であるのかを説明する言葉がありませんでした。でも。。。はっきりと、自分がその「夢」に導かれていることがわかりました。

スエットロッジの前の日。ルディは私たちに熱く語りました。
エサレン族のメディスン・ホイールの話。
丸い円が、四つのコーナーに分かれます。
北は白、東は黄色、南は赤、西は黒。

北の白色は、白人・西洋人を表します。そして、北のエレメントは風、空気(air)。すなわちマインド。思考を司り、近代西洋科学をリードした西洋人たちの象徴が「白」です。
東は黄色。黄色人種である東洋人を表します。そのエレメントは水(water)。ゆったりと流れのままに流れ大河となり海へと注がれます。東洋の静けさ、瞑想や禅の世界を表します。
南は褐色の肌のネイティブアメリカンや世界のネイティブの人々。そのエレメントはt土(earth)。神聖な大地とのつながり。大地とともに生きることを伝えます。
黒は黒人、アフリカン。そのエレメントは火(fire)。直感とエネルギー、生と死、ミステリー、そして楽天的で陽気な心を伝えます。

この四つの肌の色の違う人々が、それぞれの得意とする叡智を提供しあい、シェアすることが大切なんだ、このホイールの円の中心で、それが混ざり合う・・・・と、このエサレン族のメディスンホイールは教えながら、ルディは私たちに熱く語りました。
実際、このエサレン研究所では、様々な肌の人たちが集い、ともにお風呂に入り、マッサージなどで触れ合います。このエサレン研究所での風習が、実はエサレン族の教えから来ているんだと思うと、「なるほど」と感じると同時に、なぜか、熱いものがこみあげてきて、涙が止まりませんでした。それは、ネイティブアメリカンのルディが、私たち日本人の魂に、熱く語りかける気持ちがよく分かったからです。

今日、アメリカ大統領にオバマが就任し、キング牧師の語った、「肌の色ではなく人格で評価される国」というアメリカの夢が大きく前進したとき、このルディの言葉が再び思い返されました。

東西南北、黄色・黒・赤・白。。。
世界中の、四つの肌の色が、それぞれの叡智を提供し、混ざり合い、融合していくことが、このアメリカという大地の上に成り立つ「アメリカ」という国の有す潜在的な力であり、それが、すでに見えなくなったエサレン族の遺したメディスンホイールにこめられたスピリットであったのだと。。。

さらに、私の記憶は、2004年1月に訪れた、アリゾナ州セドナでの体験にワープします。
あの、赤い赤い大地の上で、私が感じたことを、思い出します。
かつてこの大地にいた、ネイティブアメリカンたちが、どんな思いで、この地を手放し、姿を消していったのか。。。 あの赤い大地は、途方も無くパワフルで慈悲深く、激しい激しい「思い」を真綿のように、優しく吸い取ってくれるのを感じました。この慈悲深い大地の力を、彼らは知っていたのでしょうか・・・。人知を超えた潔さに、この時も泣けてきました。
大地の癒しの力を信じて去っていったスピリットの声は、こう感じました。
「私達は去り、この大地を侵略者たちに渡します。しかし、スピリットは不滅でこの大地とともに永遠に存在し、そして、100年後、200年後の、このアメリカの大地に生まれる新しい「国」に帰ってきます」


まだまだ、時間はかかるのでしょうが、悠久の宇宙の時間からすると、それはそれほどに遠い未来のことではないかもしれません。
一方で、オバマ大統領が語るように、一人一人の責任が問われる時代でもあります。
大いなる変革にともなう厳しさに生き残ってこその再生なのでしょう。

でも、それにも増して、この「夢」のもつ力に、いま、途方もない意味がこめられているのに気づき、驚いています。

恐怖より希望を。
対立と不和よりも目的を共有することを選ぶこと。

この選択と意志の力の源泉に、
目に見えない「夢」の力が働いているのを静かに感じます。
「夢」は潜在意識、無意識だけではなく、
SORCEであり、HUMAN POTENTIAL でもあるのでしょう。
ジョンレノンのIMAGINEでもあります。

私たちは、この「夢」の力を通して、
実は世界中でつながりあっていることのでしょう。

そして、ヒーリングとは、この「夢」の力に
働きかけるものだということがわかります。


世界中、すべての人の心の奥に眠る“夢”の力に、今日のオバマの大統領就任の歓喜は、大きく働きかけたことでしょう。

この「夢」の力に、46回目の誕生日の今日、
静かにチューニングしながら、
この歴史的な今日の一日とつながってみようと思います。

「夢」を通して、私たちはつながりあい、
一人一人が、この世界の一員であることがわかります。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月、シャー・ピアス来日ワークショップのお知らせは、
こちらのページをご覧ください。
http://rayline.exblog.jp/7811140/

[PR]



by reiko-koyago | 2009-01-21 12:00

エサレン®ボディワーカー、amana space &NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子(旧:こやごれーこ)メッセージブログです。お問い合わせは mail@amanaspace.com 。 HP http://www.amanaspace.com/ http://touchcaresupport.com/
by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル