レイライン通信 ~ 光の循環~  / 中川れい子のパーソナル・ブログ

3月15日、神戸にて、日野原重明先生&エリック・ペパー先生の講演会があります。

2月ももうすぐ終わりつつあります。
ここ数日は激しい雨ですが、冬の間の乾きが癒されていくのが感じられて、心地よいです。
今日は、魚座の新月だそうで、なるほど、「水」の恵みが訪れ、春をいざなう季節の移り変わりを感じますね。

さてさて、そんなゆるやかな波動を感じつつも、
お知らせが満載で、今回の日記はちょっと忙しいです^^。

★2009年の、「抱きしめる聖者」アンマ来日プログラムは、
 神戸25/22(金)23(土) 東京5/25(月)26(火)です。


神戸開催地は、一昨年と同じ、神戸サンボーホール(三ノ宮駅南)
 正式にはホームページに表示されると思います。
  http://www.amma.jp/web/
 神戸ボランティア打ち合わせ予定 3/7(土),4/4(木),5/2(土) 予定
   会場:西宮市勤労会館 (当日道案内のみ TEL.0798-34-1662)
   兵庫県西宮市松原町2-37 JR西宮駅下車 西宮東口商店街徒歩7分

 
★ 3月15日(日曜日) 神戸市東灘区、甲南女子大学芦原講堂で、
  日野原重明先生&エリック・ペパー先生の、講演会があります。


  以下、お知らせです^^。ご参照ください。
 (エリックペパー先生は、うちの旦那さんがお世話させていただいてる方で、サンフランシスコ州立大学で、バイオフィードバックを始め、統合医療についての講義をなさってる方なので、私も、この講演会のお手伝いをさせていただいます。お知り合いの方に、どうぞ、お声かけください)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

98歳の挑戦する医師、ドクター日野原 & エリック・ペパー博士 合同講演会
ー 上手に生きる方法 -

第一部 日野原重明 「医療の将来について語る」 (13時~14時)
第二部 エリック・ペパー「欧米での統合医療の現状と日本への提言」(14時10分~15時10分)


■ 日時 平成21年3月15日(日)13:00-15:20
■ 会場 甲南女子大学 芦原講堂 兵庫県東灘区森北町6-2-23
JR甲南山手より徒歩15分
当日JR摂津本山駅近くよりバス送迎サービス有

■ 特別講演 参加費(1名様):1000円
(参加費支払は当日会場受付で申込受領ハガキを提示の上、現金でお願いします。)
■ 申し込み・問い合わせ先:「日野原・ペパー」特別講演事務局
電話番号:06-6347-0052 又は 06-6347-0053
メールアドレス:ikikata@prosper-net.co.jp
■ 申込方法:
下記の1-3をお書きの上、次のファックス又は電子メールしてください。
FAX 06-6347-7869 メールアドレス: ikikata@prosper-net.co.jp
(受信後、申込受領ハガキを郵送させて頂きますので、当日必ずこのハガキを持参頂き受付にお見せください。)
1、 参加者氏名:
2、 参加代表者住所:
3、 参加代表者電話番号(可能であればメールアドレス):
取材申し込み、その他特別講演内容のお問い合わせは、講演コーディネーター:中川までお電話又はメールでお願いします。080-3136-0207 又は w.lunas@gmail.com
※甲南女子大学へのお問い合わせはご遠慮ください。

■ 主催 日本医療福祉情報行動科学会 大会長:辻下 守弘(甲南女子大学教授)
■ 共催 統合医療研究所、日本臨床バイオフィードバックセンター
ジェイ・ワン・プロダクツ株式会社

<講師略歴>

特別講演1、「医療の将来について語る」13:00-14:00
講師:日野原 重明 先生

1911年山口生まれ。1937年京都帝大医学部卒業。1941年聖路加国際病院の内科医となり、内科長、院長等を歴任。現在、同病院名誉院長・理事長、聖路加看護大学名誉学長。財団法人ライフ・プラニング・センター理事長。日本音楽療法学会理事長。
平成12年には75歳以上の生き方を提唱して「新老人の会」を発足。
専門書のほか「生き方」「いのち」をテーマにした著作は約300冊。
平成5年4月29日 勲二等瑞宝章・授章
平成11年11月3日 文化功労者(文部省)
平成17年11月3日 文化勲章

特別講演2、「欧米での統合医療の現状と日本への提言」14:10-15:10
講師:エリック・ペパー博士

<講師略歴> 
1968年 ハーバード大学(生物学)卒業後 ニューヨーク大学で心理学博士号取得。マサチューセッツ工科大学及びスタンフォード大学付属研究所の心理研究員となる。1976年よりサンフランシスコ州立大学 健康教育学部教授・ホリステック医療研究所長等を歴任し現在に至る。
米国バイオフィードバック学会 会長
欧州バイオフィードバック財団 理事長
2004年 カルフォルニア州知事賞(産業衛生功労賞)受賞


「バイオフィードバック」セラピーとは、「こころとからだのつながり」を、簡単な機器を使って視覚化又は音声化しながら、自分の身体の状態に気づき、それを受け入れることにより、自分自身を癒す新しい療法です。ストレスや原因不明の疼痛、睡眠障害、うつ病等を解決するにはどうしたらいいのか、今回の講演で実感してもらえると思います。日本ではまだ、広くは使われておりませんが、米国では臨床適用・教育・研究が盛んに行われています。今後、日本で広く普及することが、大いに期待されております。
★ 脳科学者で有名な茂木健一郎先生の翻訳で好評な「脳にいいことだけやりなさい!」で紹介されているハートマス財団の主要研究課題がこのバイオフィードバックセラピーですのでお時間があれば参考にご覧頂くようお願いします。 a0020162_10482530.jpga0020162_10485916.jpg
[PR]



by reiko-koyago | 2009-02-25 10:49

エサレン®ボディワーカー、amana space &NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子(旧:こやごれーこ)メッセージブログです。お問い合わせは mail@amanaspace.com 。 HP http://www.amanaspace.com/ http://touchcaresupport.com/
by reiko-koyago
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル